Laboratories for Mathematics, Lifesciences, and Informatics

Top / 数理生命情報学研究室 / 学位論文 / 卒業論文

卒業論文


#author("2019-01-24T09:22:49+09:00","","")
#author("2019-08-16T16:53:40+09:00","","")
|年度|氏名|所属|タイトル|h
|100|100|100||c
|2018年度|石井 悦子|計数工学|Mathematical Analysis on Echo State Networks for Time Series Prediction (時系列予測のためのEcho State Networksに関する数理的研究)|
|2017年度|小倉 輝|計数工学|深層学習を用いた文書分類ニューラルネットワークの構築と性能評価|
|2017年度|松木 彩星|計数工学|SIRメタ個体群モデルを用いた感染症抑制対策に関する研究|
|2016年度|李 洋|計数工学|Firm Sales Forecasting with Artificial Neural Networks (人工ニューラルネットワークを用いた企業業績予測)|
|2016年度|平松 翔太|計数工学|複数時系列が与えられた時の方向性結合の検定|
|2016年度|神田 公平|計数工学|金融ネットワークにおける破綻とその予防に関する数理的研究|
|2016年度|三井 譲|計数工学|ニコチン入力に対する神経受容体と神経活動の動態解析|
|2015年度|中川 拓麻|計数工学|動的ネットワークマーカーによるシステムの転移の予兆検出|
|2015年度|中丸 智貴|計数工学|多層ニューラルネットワークのパラメータ初期化手法に関する研究|
|2013年度|田村 真一|計数工学|深層学習ネットワークを用いた楽曲分類に関する研究|
|2013年度|中野 修平|計数工学|リカレンスプロットを用いた2 つのマーク付き点過程間の関連性の解析|
|2012年度|波多野 卓磨|計数工学|前立腺がんの間欠的ホルモン療法に関する数理モデルの比較|
|2012年度|笹井 健行|計数工学|振動子ネットワークの動的頑強性に対する次数相関の影響|
|2012年度|中嶋 洋平|計数工学|大貧民をモデルとした戦力が不均衡な多人数ゲームの解析|
|2012年度|平岡 命|計数工学|パーソントリップデータを用いた感染症伝播モデルにおける学校閉鎖の効果に関する研究|
|2011年度|大屋 俊輔|計数工学|リカレンスプロットを用いた基軸通貨度の解析|
|2011年度|竹内 大樹|計数工学|意見表明の保留を考慮した意見形成モデル|
|2011年度|西部 壮紀|計数工学|遺伝的アルゴリズムによるニューラルネットワークの構成|
|2010年度|石井 臨太郎|計数工学|市場価格変動の力学系モデルとそのカオス性に関する研究|
|2010年度|小島 裕隆|計数工学|大規模カオスニューラルネットによる連想記憶モデル|
|2010年度|高際 辰弥|計数工学|複数の噂の伝搬ネットワークモデルに関する研究|
|2010年度|茂木 隼|計数工学|感染症流行のネットワークモデルにおけるインフルエンザワクチン資源配分の最適化|
|2010年度|山田 和樹|計数工学|AdaBoostによるトレーディングアルゴリズムに関する解析|
|2009年度|荒木 啓太|計数工学|リカレンスプロットを用いた為替レートの関係性分析|
|2009年度|久野 峻輔|計数工学|新型インフルエンザ感染拡大の予防について|
|2009年度|倉前 裕成|計数工学|前立腺癌間欠的内分泌療法における統計的疾患進行予測|
|2009年度|山本 浩貴|計数工学|インフルエンザ流行モデルにおける動的ワクチン配分問題|
|2009年度|森 泰介|計数工学|消費者間のネットワーク構造に基づく宣伝活動の数理モデル|
|2008年度|永吉 拓也|計数工学|パーソントリップデータを用いた新興感染症伝播モデル|
|2008年度|唐 聖予|計数工学|スパイク統計による為替ティックデータ解析|
|2008年度|鈴木 智史|計数工学|リカレンスプロットを用いた為替レートの解析|
|2007年度|立石 寛人|計数工学|ミャンマーにおける民族紛争モデル|
|2007年度|永田 育真|計数工学|Unscented Kalman Filterを用いたカオス時系列解析|
|2007年度|見並 良治|計数工学|リアルワールドデータの分岐図再構成|
|2006年度|倉林 純司|計数工学|経済市場データのカオス時系列解析|
|2006年度|高橋 玄顕|計数工学|Rulkovモデルからなるニューラルネットワークのダイナミクスに関する研究|
|2006年度|谷尾 真明|計数工学|リカレンスプロットを用いた外力の解析|
|2003年度|小山 中|計数工学|ギャップ結合写像系におけるカオス的挙動の力学構造|
|2003年度|林 裕|計数工学|スケールフリーネットワークにおける変化率を用いた優先的選択モデル|
|2002年度|辰野 嘉則|計数工学|ニューラルネットワークによる英語動詞過去形の学習 |
|2002年度|平井 洋一|計数工学|悪条件である連立一次方程式の精度保証付き数値計算|
|2001年度|安東 弘泰|計数工学|意識の階層的モジュール構造における情報競合のニューラルネットワークモデル|
|2001年度|今 基織|計数工学|ニューラルネットワークモデルにおける同期発火と意識の創発|
|2001年度|田中健一郎|計数工学|Duffing方程式の分岐点の計算機援用存在証明|
|2001年度|下村 圭矢|計数工学|区間解析におけるアフィン演算の有効性|
|2001年度|平井 広志|計数工学|ホモクリニック分岐の数値計算|
|2000年度|大石 大輔|計数工学|Chandrasekhar積分方程式の精度保証付き数値計算|
|2000年度|臺 朋和|計数工学|カオスニューラルネットワークにおける連想記憶のパラメータ依存性に関する研究|
|2000年度|橋本 順之|計数工学|コインシデンスディテクタ・ネットワークにおけるパルス通信|
|1999年度|小野 康宏|計数工学|短期記憶を保持する神経回路モデルに関する研究|
|1999年度|小林 徹也|計数工学|積分曲面の曲率を用いた高次元力学系の幾何学的安定性解析|
|1999年度|中谷 誠志|計数工学|Swift-Hohenberg方程式の解の対称性とパターン形成|
|1999年度|谷田川 英治|計数工学|カオスニューラルネットワークによる組合せ最適化|
|1998年度|江郷 和彦|計数工学|単一ニューロンの動特性に関する研究|
|1998年度|河根 拓文|計数工学|流行現象のモデリング|
|1998年度|竹之内 高志|計数工学|独立成分分析を用いた音声データの解析|
|1998年度|山下 宙人|計数工学|決定論的カオスにおけるノイズ除去|
|1998年度|山本 直樹|計数工学|動径基底関数ネットワークによる時系列予測|