Laboratories for Mathematics, Lifesciences, and Informatics

Top / 数理生命情報学研究室 / 学位論文 / 修士論文

修士論文


#author("2019-09-18T14:43:58+09:00","","")
#author("2019-09-18T14:46:05+09:00","","")
|年度|氏名|所属|タイトル|h
|100|100|100||c
|2018年度|森下 真幸|数理|グラフフーリエ変換を用いたグラフ上のパターンに関する数理的解析|
|2018年度|中島 蒼|数理|増殖バイアスを考慮した系譜データの隠れ状態推定方法の構築|
|2018年度|黒 澤 (Hei Ze)|数理|Analysis of relationship between structure and performance in echo state networks(エコーステートネットワークにおける構造と性能の関係の解析)|
|2018年度|松井 崇晃|電気|哺乳類初期胚発生パターンの力学モデルを用いた解析|
|2018年度|豊島 尚樹|電気|スパイキングニューラルネットワークによる連想記憶モジュールとデジタルコンピュータ間のインターフェース (An interface between an auto-associative memory module using spiking neuronal network and digital computers)|
|2018年度|山村 篤志|電気|測定フィードバック型縮退光パラメトリッ ク発振子ネットワークの量子力学的モデル|
|2018年度|伊藤 大貴|電気|有機結晶の分子パッキングに対する 幾何学的解析と機械学習予測 (Geometric analysis and machine learning prediction for molecular packing of organic crystals)|
|2018年度|田村 浩人|電気|リザバー計算を用いた予測符号化モデル(Predictive Coding Models with Reservoir Computing)|
|2018年度|森尻 祐史|数理|雑音誘起遷移現象における雑音強度の影響に関する 数理工学的研究 |
|2018年度|Ashish Gautam|電気|Low Power Analog Silicon Neuron and Synapse Circuits|
|2018年度|錦野 敬三郎|電気|貪欲法を用いた細胞性粘菌における細胞集団運動の数理モデル選択|
|2017年度(秋)|袁 天宇|電気|Research on Dynamical Robustness of Coupled Oscillator Networks (結合振動子ネットワークの動的頑強性に関する研究)|
|2017年度|庄司泰萌|数理|確率微分方程式を用いたコヒーレントイジングマシンのモデル化と性能評価|
|2017年度|毛 雅萱 (Yaxuan Mao)|電気|A Handwritten Numeral Recognition System with Complex-valued Neural Network Model (複素ニューラルネットワークモデルを用いた手書き数字認識システム)|
|2016年度|岡島 弘明|数理|Multivariate Models of Prostate Cancer under Intermittent Androgen Suppression (間欠的アンドロゲン抑制療法における前立腺がんに関する多変数モデル)|
|2016年度|辻 祥太朗|電気|パーシステントホモロジーを用いたアトラクタ再構成の数値的解析|
|2016年度|石川 善一郎|電気|Webリスティング広告における基本広告データを用いたコンバージョン分析と予測 (Analysis and prediction of conversions by using fundamental data of Web listing advertisement)|
|2016年度|金子 和正|電気|Mathematical modeling of thymic T cell development via interaction with thymic epithelial cells (胸腺におけるT細胞と胸腺上皮細胞の相互作用によるT細胞生成の数理モデル)|
|2016年度|茶山 将慶|数理|適切な遅れ座標を利用した複雑系のための時系列予測|
|2015年度|三木 翔太|数理|細胞間相互作用による細胞集団の制御に関する数理的解析|
|2015年度|水原 悠|電気|ハンディキャップのあるボードゲームに関するレーティング手法の研究|
|2015年度|名波 拓哉|電気|皮質及び視床の神経細胞のデジタル演算回路向けモデルとその実装|
|2015年度|Ethan Green|電気|Compensating Temperature-Dependent Characteristics of a Subthreshold-MOSFET Analog Silicon Neuron|
|2015年度|權 泰五|電気|FPGAスパイキング神経ネットワーク間の通信プロトコル|
|2015年度|淺見 周佑|電気|シリコン神経デバイスと培養神経系の接続|
|2015年度|堅山 耀太郎|電気|免疫細胞の多様性データの解析法の提案とT細胞生成における遺伝子構造の役割の解明|
|2015年度(秋)|シュパイデル 玲雄|数理|Mathematical Analysis of Random Walks and Community Detection in Temporal Networks (テンポラルネットワーク上のランダムウォークとコミュニティ検出の数理解析)|
|2015年度(秋)|佟 志強|電気|A Pruning Method with Weight Variation Information for Feedforward Neural Networks (フィードフォワード型ニューラルネットワークのための荷重変化情報を用いた枝刈り法)|
|2015年度(秋)|石川 共|電気|進化シミュレーションを用いた言語発達のモデル化に関する研究 (A Research on Modeling of Language Development by Evolutionary Simulations)|
//|2014年度|波多野 卓磨|数理|前立腺がん間欠的ホルモン療法の耐性獲得予測|
|2014年度|青井 紀之|数理|多層カーネルマシンの学習に関する研究|
|2014年度|三宅 麻里子|電気|恒温コントローラを搭載したアナログVLSIシリコンニューロンの単独動作システム|
|2014年度|大沢 義佳|電気|Class IおよびIIのスパイキングニューロンモデルによる連想記憶メモリ (Associative Memory with Class I and II Spiking Neuron Models)|
|2014年度|我満 拓弥|電気|エピジェネティックな遺伝子制御における記憶構造の数理モデルを用いた解析|
|2014年度|神永 祐貴|電気|多次元尺度法を用いたT細胞受容体のアミノ酸配列データからの免疫多様性解析|
|2014年度(秋)|徐 牧原|数理|Sparsely Encoded Associative Memory with Short-term Synaptic Plasticity|
|2014年度(秋)|Eduardo Alexander Paucar Bravo|電気|Predicting scalar and multivariate time series through permutations (順列による単変量および多変量時系列の予測)|
|2013年度|今泉 宏之|電気|ペプチド・レパートリー分布を考慮したT細胞抗原認識モデルの構築 (Modeling of T-cell-antigen recognition under the consideration of peptide-repertoire distributions)|
|2013年度|大屋 俊輔|数理情報|為替の急激な変動の予兆を検出する数理的手法に関する研究|
|2013年度|高橋 優斗|電気|再生可能エネルギーを考慮した電力市場の価格決定方式の解析 (Analysis of Electricity Market Acutions with Renewable Power Plants)|
|2013年度|永田 基樹|数理情報|Phase-Model Analysis of Supply-Demand Stability in Power Grids (電力系統における需給安定性の位相モデル解析)|
|2012年度|三津澤 将司|数理情報|神経細胞の空間周期表現を用いた認知地図の計算論モデル|
|2012年度|田邊 奨馬|数理情報|Indirect Reciprocity with Trinary Reputations (3値評判のもとでの間接互恵性)|
|2012年度|小島 裕隆|数理情報|学習機能を持つカオスニューラルネットを用いた連想記憶の数理モデリング|
|2012年度|Sainbayar Sukhbaatar|数理情報|Improving Temporal Coherence of Image Features by Clustering Technique Learned from Moving Images (動画から学習したクラスタリング手法による画像特徴の時間的なコヒーレンスの改良)|
|2012年度(秋)|関口 康平|電気|プログラマブルシリコンニューロンシステムの構築|
|2011年度|麻 圭史|数理情報|ヒトの行動に着目したメタポピュレーション感染モデルの解析|
|2011年度|小林 航|電気|デジタル演算回路による3変数シリコンニューロンの設計|
|2011年度|眦 正彬|数理情報|自由エネルギー原理に基づく神経修飾の計算論|
|2011年度|山田 智之|電気|細胞の運命決定における細胞内ダイナミクスの比較解析|
|2010年度|安達 涼|数理情報|A Microscopic Pedestrian Simulation Model with Theory of Mind (心の理論を考慮した微視的歩行者シミュレーションモデル)|
|2010年度|岩上 顕夫|数理情報|再生可能エネルギーを考慮した電力市場モデルの解析|
|2010年度|江島 啓介|数理情報|ヒトの行動に着目した感染症伝播のモデル化と解析|
|2010年度|木脇 太一|電気|A Theoretical Study on Distributed Learning of Code Integration in the Brain (脳における分散的なコード統合学習に関する理論的研究)|
|2010年度|谷口 洋平|数理情報|緩やかな減速を考慮した交通流セルオートマトンモデルに関する研究|
|2010年度|中村 洋平|電気|Characteristics of a mathematical-structure-based silicon neuron (数理構造に基づいたシリコンニューロンの特性評価)|
|2010年度|溝口 伸幸|電気|Izhikevichモデルに基づいたシリコンニューロン回路の設計|
|2009年度|岡田 祐典|数理情報|周期の異なるリミットサイクル振動子から成る結合系における相転移現象の解析|
|2009年度|仙頭 洋一|数理情報|局所結合位相振動子系における秩序変数の長時間ゆらぎ|
|2009年度|有馬 直尭|数理情報|多車線交通流のセルラーオートマトンモデルに関する研究|
|2009年度|永松 雄二|電気|多様なダイナミクスを持つ2変数アナログシリコンニューロン回路の設計|
|2009年度|中山 孝嘉|電気|デジタルスパイキングシリコンニューラルネットワークの構築|
|2009年度|元吉 弘之|数理情報|神経スパイク列からのExcess Entropyの推定|
|2008年度|Teerasit Termsaithong|数理情報|A Mathematical Model of Working Memory with Dynamic Synapses (動的シナプスを用いた作業記憶の数理モデル)|
|2008年度|帯刀 一洋|数理情報|変動パターンを考慮した非線形時系列解析|
|2008年度|木村 弦|数理情報|ステップ応答によるマイノリティゲームの解析|
|2008年度|加倉井 智|数理情報|ニューラルネットワークアンサンブルによる株価の時系列予測|
|2008年度(秋)|Gerbek Sergey|数理情報|Chaotic Dynamics and Synchronization in Neuron Models with Delays|
|2008年度(秋)|奥 牧人|数理情報|Mathematical Modelling of Meso-Scale Information Processing in the Brain (メゾスケールにおける脳情報処理の数理モデル化)|
|2007年度|澤井 賢一|数理情報|A Study on Music Similarity by Recurrence Plots (リカレンスプロットを用いた楽曲の類似度に関する研究)|
|2007年度|秦 嘉芸|数理情報|Multi-game Dynamics in Finite Populations (有限集団におけるマルチゲームダイナミクス)|
|2006年度|有坂 昌樹|数理情報|インターネットにおける広告戦略モデル|
|2006年度|前田 博志|数理情報|新型インフルエンザに関する数理モデル解析|
|2005年度|今泉 隆文|数理情報|符号木同定とそれに関連した同期系列の研究|
|2005年度|垣本 悠太|複雑理工|A Study on Subjective Contour Perception with a Hierarchical Predictive Coding Model (プレディクティブコーディングモデルを用いた主観的輪郭知覚に関する研究)|
|2005年度|佐藤 好幸|複雑理工|A Study on Modelling of Audio-visual Interactions by Bayesian Inference (視聴覚相互作用のベイズ推定によるモデル化の研究)|
|2005年度|鈴木 大慈|数理情報|Hybrid Systems Control For Hormone Therapy of Prostate Cancer (前立腺癌ホルモン療法におけるハイブリッドシステム制御)|
|2005年度|中村 洋平|複雑理工|A Study on a Neural Network Model of Theta Rhythm and Sequential Memory (θリズムと逐次記憶のニューラルネットワークモデルに関する研究)|
|2005年度|舩橋 真俊|複雑理工|Modeling and Analysis of Birdsong Learning (鳴鳥類の音声発達に関するモデル化と解析)|
|2004年度|大竹 洋平|複雑理工|協力の進化における変異と多様性の役割|
|2004年度|冨岡 亮太|複雑理工|Stochastic Dynamics of Genetic Regulatory Networks|
|2004年度|藤原 寛太郎|複雑理工|Neuronal Mechanism of Firing Irregularity|
|2004年度|平山 幸太郎|複雑理工|A Neural Network Model for Event Aspect Recognition (事象アスペクト認識のニューラルネットワークモデル)|
|2003年度|安東 弘泰|複雑理工|積型フィードバック写像系の解析とその超安定周期解探索アルゴリズムへの応用|
|2003年度|石田 久美子|複雑理工|2準位共鳴媒質系における構造を持つ波のソリトン伝播に関する研究|
|2003年度|尾崎 杏子|複雑理工|情動記憶の数理モデル化に関する研究|
|2003年度|門井 克憲|複雑理工|人工株式市場におけるエージェント群の集団心理モデルの構築とその解|
|2003年度|今 基織|複雑理工|感情を伴う相互作用による関係性の形成に関する数理モデル|
|2002年度|大石 大輔|数理情報|STAGEアルゴリズムによる組合せ最適化問題の近似解法に関する研究|
|2002年度|大槻 知史|複雑理工|ゲーム木の分数手探索モデルを用いた勝負手生成に関する研究|
|2002年度|大槻 久|数理情報|Evolution of stochastic strategies in indirect reciprocity and the role of punishment(間接的互恵主義における確率的戦略の進化および懲罰の役割)|
|2002年度|國母 隆一|複雑理工|スパイクタイミング依存シナプス可塑性による脳内情報伝達経路の自己組織的構成|
|2002年度|櫻田 剛也|複雑理工|空間的情報ネットワークを有する集団における実効電荷数測定に基づく不純物挙動の研究|
|2002年度|臺 朋和|複雑理工|セルオートマトンを用いた2車線高速道路モデル|
|2002年度|豊泉 太郎|複雑理工|α-分布族に対する平均場法と変分法|
|2001年度|大久保 雅之|複雑理工|シナプス減衰のモデル化とその集団バースト減少への応用|
|2001年度|小野 康宏|複雑理工|Reconstruction of a dynamical system from neuronal spike trains|
|2001年度|門屋 宏幸|複雑理工|テント写像を用いた正規乱数の生成に関する研究|
|2001年度|小林 徹也|計数工学|Design and Analysis of Simple Modules for Artificial Genetic Networks (人工遺伝子ネットワークのモジュールの設計とその解析) |
|2001年度|田中 剛平|複雑理工|対称力学系のPeriod-Adding現象に関する研究|
|2001年度|福田 幸二|計数工学|双峰写像の記号力学と準同型変換|
|2001年度|森下 喜弘|複雑理工|遺伝子の選択的発現に関するネットワークモデルの数理的研究|
|2000年度|大西 立顕|計数工学|ニューロンの時空間学習と応答特性|
|2000年度|鹿野 洋|複雑理工|非線形内部定在波の時空間ダイナミクスに関する理論的数値的研究|
|2000年度|篠原 一成|複雑理工|Support Vector Machinesのパラメータ選択問題に関する研究|
|2000年度|関根 典|複雑理工|神経生理実験データに対するPSTH解析と相互情報量解析の比較に関する研究|
|1999年度|岩本 俊弘|計数工学|Information-Theoretic Analysis on Firing Patterns of Neurons (ニューロンの発火パターンに関する情報理論的解析) |
|1999年度|伏木 忠義|計数工学|神経発火の確からしさに関する統計的解析|
|1999年度|増田 直紀|計数工学|Cryptosystems with Discretized Chaotic Maps (離散化カオス写像を用いた暗号システム) |
|1998年度|伊藤 秀昭|計数工学|ゴール指向性推論と融合した強化学習モデル|
|1998年度|陸 衛強|計数工学|ダイナミカルニューロンモデルから成る非線形ネットワークの性質について|
|1997年度|小北 英輝|計数工学|ウィルス性慢性肝炎の数理モデル|
|1997年度|鈴木 秀幸|計数工学|神経細胞出力スパイク列の決定論的解析|
|1997年度|橋本 康|計数工学|ロトカ・ボルテラ系におけるヘテロクリニックネットワーク|
|1997年度|橋本 和歌子|計数工学|スパイキングニューロンの動径基底関数的性質|
|1996年度|小川 朋宏|計数工学|周期定常過程のウェーブレット解析|
|1996年度|吉村 斉一郎|計数工学|自然抗体産生のダイナミクスの数理モデル|