Laboratories for Mathematics, Lifesciences, and Informatics

Top / 数理生命情報学研究室 / ニュース

ニュース


#author("2020-04-01T17:16:01+09:00","","")
#author("2020-05-28T14:24:32+09:00","","")
-S. Leng, H. Ma, J. Kurts, Y.-C. Lai, W. Lin, K. Aihara, and L. Chen: [["Partial Cross Mapping Eliminates Indirect Causal Influences,">https://www.nature.com/articles/s41467-020-16238-0]] Nature Communications, Vol.11, Article No.2632, pp.1-9 (2020) に掲載されました。
-2020/4/1 合原先生に[[東京大学特別教授>https://www.u-tokyo.ac.jp/ja/about/granted-titles/b01_12.html]]の称号が授与されました。
-2020年3月19日に予定されていました合原一幸先生の退職教員記念講演会「複雑系数理工学の展望」は、新型コロナウイルス感染拡大が懸念されるため、&color(red){延期(開催日未定)};いたします。
-Y. Itoh, S. Uenohara,  M. Adachi,  T. Morie, and  K. Aihara: [["Reconstructing Bifurcation Diagrams Only from Time-series Data Generated by Electronic Circuits in Discrete-time Dynamical Systems,">https://aip.scitation.org/doi/10.1063/1.5119187]] Chaos, Vol.30, No.1, 013128-1-11 (2020) に掲載されました。
-M.K. Kajita, K. Aihara, and T.J. Kobayashi: [["Reliable Target Ligand Detection by Noise-induced Receptor Cluster Formation,">https://doi.org/10.1063/1.5140714]] Chaos: An Interdisciplinary Journal of Nonlinear Science, Vol.30, No.1, 011104-1-6 (2020) に掲載されました。
-S. Okuno, K. Aihara, and Y. Hirata: [["Forecasting high-dimensional Dynamics Exploiting Suboptimal Embeddings,">https://www.nature.com/articles/s41598-019-57255-4]] Scientific Reports, Vol.10, Article No.664, pp.1-11 (2020) に掲載されました。 
-合原先生が現象数理学三村賞を受賞し、受賞式が 12月21日に明治大学中野キャンパスで行なわれました([[開催案内>http://www.mims.meiji.ac.jp/award/index.html]])。
-[[右記論文>http://www.pnas.org/content/early/2018/10/04/1802987115]]が 2019 ICCM Best Paper Award を受賞しました(&ref(数理生命情報学研究室/ICCM_Award.jpg,noimg,写真);)。H. Ma, S. Leng, K. Aihara, W. Lin, and L. Chen: [["Randomly Distributed Embedding Making Short-term High-dimensional Data Predictable,">http://www.pnas.org/content/early/2018/10/04/1802987115]] Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America, Vol.115, No.43, pp.E9994-E10002 (2018)
-K. Tokuda, Y. Katori, and  K. Aihara: [["Chaotic Dynamics as a Mechanism of Rapid Transition of Hippocampal Local Field Activity between Theta and Non-theta States,">https://aip.scitation.org/doi/10.1063/1.5110327]] Chaos, Vol.29, No.11, 113115, pp.1-16 (2019) に掲載されました。
-J. Shi, T. Li, L. Chen, and K. Aihara: [["Quantifying Pluripotency Landscape of Cell Differentiation from scRNA-seq Data by Continuous Birth-death Process,">https://journals.plos.org/ploscompbiol/article?id=10.1371/journal.pcbi.1007488]] PLOS Computational Biology, Vol.15, No.11, pp.1-17 (2019) に掲載されました。
-T. Matsumori, H. Sakai, and K. Aihara: [["Early-warning Signals using Dynamical Network Markers Selected by Covariance,">https://journals.aps.org/pre/abstract/10.1103/PhysRevE.100.052303]] Physical Review E, Vol.100, No.5, 052303, pp.1-9 (2019) に掲載されました。
-合原一幸 編著:[[「人工知能はこうして創られる」>数理生命情報学研究室/ 発表文献/ 書籍リスト/ 人工知能はこうして創られる]],ウェッジ (2017) が [[UTokyo BiblioPlaza>https://www.u-tokyo.ac.jp/biblioplaza/ja/E_00238.html]] で紹介されました。
-S. Okuno, K. Aihara, and Y. Hirata: [["Combining Multiple Forecasts for Multivariate Time Series via State-dependent Weighting,">https://aip.scitation.org/doi/10.1063/1.5057379]] Chaos, Vol.29, No.3, 033128-1-11 (2019)に掲載されました。 
-K. Koizumi, M. Oku, S. Hayashi, A. Inujima, N. Shibahara, L. Chen, Y. Igarashi, K. Tobe, S. Saito, M. Kadowaki, and K. Aihara: [["Identifying Pre-disease Signals Before Metabolic Syndrome in Mice by Dynamical Network Biomarkers,">https://www.nature.com/articles/s41598-019-45119-w]] Scientific Reports, Vol.9, Article No.8767, pp.1-11 (2019) に掲載されました。
-DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー・オンラインに合原先生のインタビュー記事[[「100に1つプロのデザイナーが驚くものができればAIをファッションに使う意味はある」>https://www.dhbr.net/articles/-/5863]]が掲載されました。
-Amazon Fashion Week TOKYO 2019 A/W, [[EMarie 2019 A/W Collection>https://youtu.be/QPpTlV_Lm6c]] に合原先生が登壇されました。
-対談記事&ref("Laboratories for Mathematics, Lifesciences, and Informatics/taidai-AiharaIwami2019-final.pdf",,,【第4 回数理生物学対談「合原一幸教授」】『「好きなこと」だけを研究テーマに』); が日本数理生物学会ニュースレター,No.87, pp.18-26 (2019)に掲載されました。
-シンポジウム &ref("Laboratories for Mathematics, Lifesciences, and Informatics/AI-Fashion-Symposium2019-poster.pdf",,,「人間知能(HI)と人工知能(AI)の出会いが生み出すニューロインテリジェンス(NI)共通基盤の可能性:ファッションから見るその未来」); を 2019年3月20日に開催します(&ref("Laboratories for Mathematics, Lifesciences, and Informatics/AI-Fashion-symposium-program.pdf",,,プログラム);, [[参加登録>https://goo.gl/forms/HZR0XQpsKePiwRZx1]]).
-T. Leleu, Y. Yamamoto, P.L. McMahon, and K. Aihara: [["Destabilization of Local Minima in Analog Spin Systems by Correction of Amplitude Heterogeneity,">https://journals.aps.org/prl/abstract/10.1103/PhysRevLett.122.040607]] Physical Review Letters, Vol.122, 040607-1-6 (2019) に掲載されました。
-S. Tsuji and K. Aihara: [["Criterion for Determining the Optimal Delay of Attractor Reconstruction using Persistent Homology,">https://www.jstage.jst.go.jp/article/nolta/10/1/10_74/_article]] Nonlinear Theory and Its Applications, IEICE, No.10, No.1, pp.74-89 (2019) に掲載されました.
-H. Ma, S. Leng, K. Aihara, W. Lin, and L. Chen: [["Randomly Distributed Embedding Making Short-term High-dimensional Data Predictable,">http://www.pnas.org/content/early/2018/10/04/1802987115]] Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America, Vol.115, No.43, pp.E9994-E10002 (2018) に掲載されました.
-Prof. Dr. Wolfgang Maass の &ref("Laboratories for Mathematics, Lifesciences, and Informatics/maass20181112-A4.pdf",,,Special Seminar:"How do networks of spiking neurons compute and learn?"); を 2018年11月12日に開催します([[参加登録>https://goo.gl/forms/8i2p7YzYmFIAiNjf1]]). 
-(解説記事)合原一幸:&ref("Laboratories for Mathematics, Lifesciences, and Informatics/OHM2018.pdf",,,「複雑系数理モデル学で“読み解く”電力システム」); が [[OHM 2018年7月号(第105巻第7号)>https://www.ohmsha.co.jp/magazine/ohm201807h/]] に掲載されました.
-D. Ito, T. Ueta, K. Aihara: [["Bifurcation Analysis of Eight Coupled Degenerate Optical Parametric Oscillators,">https://doi.org/10.1016/j.physd.2018.01.010]] Physica D, Vol.372, pp.22-30 (2018) が掲載されました. 
-[["Special issue on The second step of the FIRST,">http://www.nolta.ieice.org/]] Nonlinear Theory and Its Applications, IEICE, Vol.9, No.2 (2018) が掲載されました.
-&ref("Laboratories for Mathematics, Lifesciences, and Informatics/180305_workshop_program_fin.pdf",,,International Workshop on Early-warning signals from Fundamentals to Applications); を 2018年3月5日-6日に開催しました。
-Y. Hirata, K. Morino, K. Akakura, C.S. Higano, and K. Aihara: [["Personalizing Androgen Suppression for Prostate Cancer Using Mathematical Modeling,">https://doi.org/10.1038/s41598-018-20788-1]] Scientific Reports, Vol.8, Article No.2673, pp.1-8 (2018) が掲載されました。
-B. Schäfer, C. Beck, K. Aihara, D. Witthaut, and M. Timme: [["Non-Gaussian Power Grid Frequency Fluctuations Characterized by Lévy-stable Laws and Superstatistics,">https://www.nature.com/articles/s41560-017-0058-z]] Nature Energy, Vol.3, No.2, pp.119-126 (2018) が掲載されました([[arxiv:1807.08496>http://arxiv.org/abs/1807.08496]])。
-A. Yamamura, K. Aihara, and Y. Yamamoto: [["Quantum Model for Coherent Ising Machines: Discrete-time Measurement Feedback Formulation,">https://journals.aps.org/pra/abstract/10.1103/PhysRevA.96.053834]] Physical Review A, Vol.96, No.5, 053834, pp.1-8 (2017) が掲載されました。
-T. Shoji, K. Aihara, and Y. Yamamoto: [["Quantum Model for Coherent Ising Machines: Stochastic Differential Equations with Replicator Dynamics,">https://journals.aps.org/pra/abstract/10.1103/PhysRevA.96.053833]] Physical Review A, Vol.96, No.5, 053833, pp.1-8 (2017) が掲載されました。
-合原一幸 編著:[[「人工知能はこうして創られる」>数理生命情報学研究室/ 発表文献/ 書籍リスト/ 人工知能はこうして創られる]],ウェッジ選書 (2017) が出版されました。
-合原先生が、NHK『視点・論点』[[「人工知能は脳を超えるのか?」(2017年8月25日)>http://www.nhk.or.jp/kaisetsu-blog/400/277637.html]]に出演されました。
-P. Christodoulides, Y. Hirata, E. Domínguez-Hüttinger, S.G. Danby, M.J. Cork, H.C. Williams, Kazuyuki Aihara, and R.J. Tanaka: [["Computational Design of Treatment Strategies for Proactive Therapy on Atopic Dermatitis using Optimal Control Theory,">http://rsta.royalsocietypublishing.org/content/375/2096/20160285]] Philosophical Transactions of the Royal Society Series A, Vol.375, No.2096 (2017) が掲載されました。
-Y. Hirata and K. Aihara: [["Improving Time Series Prediction of Solar Irradiance after Sunrise: Comparison among Three Methods for Time Series Prediction,">http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0038092X17303031]] Solar Energy, Vol.149, pp.294-301 (2017) が掲載されました。
-K. Kamiyama, M. Komuro, and K. Aihara: [["Homoclinic Cycle Bifurcations in Planar Maps,">http://www.worldscientific.com/doi/abs/10.1142/S0218127417300129]] International Journal of Bifurcation and Chaos, Vol.27, No.3, 1730012, pp.1-11 (2017) が掲載されました。
-テレビ東京系列[[「クロスロード」>http://www.tv-tokyo.co.jp/crossroad/]][[『東京大学 合原一幸教授』篇(2017年3月11日)>http://www.tv-tokyo.co.jp/crossroad/backnumber/person171.html]]で合原先生が紹介されました。
-合原先生が、NHK『視点・論点』[[「人工知能と脳」(2017年1月11日)>http://www.nhk.or.jp/kaisetsu-blog/400/260652.html]]に出演されました。
-M. Nagata, Y. Hirata, N. Fujiwara, G. Tanaka, H. Suzuki, and  K. Aihara: [["Smoothing effect for spatially distributed renewable resources and its impact on power grid robustness,">http://aip.scitation.org/doi/full/10.1063/1.4977510]] Chaos, Vol.27, Article No.033104 (2017) が掲載されました。 
-Y. Li, M. Oku, G. He, and K. Aihara: [["Elimination of Spiral Waves in a Locally Connected Chaotic Neural Network by a Dynamic Phase Space Constraint,">https://authors.elsevier.com/a/1UUBX3BBjKS8et]] Neural Networks, Vol.88, pp.9-21 (2017) が掲載されました。
-T. Leleu, Y. Yamamoto, S. Utsunomiya, and K. Aihara: [["Combinatorial Optimization using Dynamical Phase Transitions in Driven-dissipative Systems,">https://journals.aps.org/pre/abstract/10.1103/PhysRevE.95.022118]] Physical Review E, Vol.95, No.2, pp.022118-1-18 (2017) が掲載されました。 
-T. Yuan, K. Aihara, and G. Tanaka: [["Robustness and Fragility in Coupled Oscillator Networks under Targeted Attacks,">https://journals.aps.org/pre/abstract/10.1103/PhysRevE.95.012315]] Physical Review E, Vol.95, No.1, pp.012315-1-6 (2017) が掲載されました。 
-J.M. Amigo, Y. Hirata, and K. Aihara: [["On the Limits of Probabilistic Forecasting in Nonlinear Times Series Analysis,">http://aip.scitation.org/doi/full/10.1063/1.4971412]] Chaos, Vol.26, No.12, pp.123114-1-7 (2016) が掲載されました。
-C.T. Urabe, G. Tanaka, K. Aihara, and M. Mimura: [["Parameter Scaling for Epidemic Size in a Spatial Epidemic Model with Mobile Individuals,">http://journals.plos.org/plosone/article?id=10.1371/journal.pone.0168127]] PLOS ONE, Vol.11, No.12, e0168127, pp.1-16 (2016) が掲載されました。 
-T. Inagaki, Y. Haribara, K. Igarashi, T. Sonobe, S. Tamate, T. Honjo, A. Marandi, P.L. McMahon, T. Umeki, K. Enbutsu, O. Tadanaga, H. Takenouchi, K. Aihara, K. Kawarabayashi, K. Inoue, S. Utsunomiya, and H. Takesue: [["A Coherent Ising Machine for 2000-node Optimization Problems,">http://science.sciencemag.org/content/354/6312/603]] Science, Vol.354, No.6312, pp.603-606 (2016) が掲載されました。
-P.L. McMahon, A. Marandi, Y. Haribara, R. Hamerly, C. Langrock, S. Tamate, T. Inagaki, H. Takesue, S. Utsunomiya, K. Aihara, R.L. Byer, M.M. Fejer, H. Mabuchi, and Y. Yamamoto: [["A Fully-programmable 100-spin Coherent Ising Machine with All-to-all Connections,">http://science.sciencemag.org/content/354/6312/614]] Science, Vol.354, No.6312, pp.614-617 (2016) が掲載されました。
-K. Inoue, H. Shinohara, M. Behar, N. Yumoto, G. Tanaka, A. Hoffmann, K. Aihara, and M. Okada-Hatakeyama: 
[["Oscillation Dynamics Underlie Functional Switching of NF-κB for B-cell Activation,">http://www.nature.com/articles/npjsba201624]] 
Systems Biology and Applications, Vol.2, Article No.16024, pp.1-9 (2016) が掲載されました。
-Y. Hirata, A. Oda, K. Ohta, and K. Aihara: [["Three-dimensional Reconstruction of Single-cell Chromosome Structure using Recurrence Plots,">http://www.nature.com/articles/srep34982]] Scientific Reports, Vol.6, Article No.34982, pp.1-9 (2016) が掲載されました。
-[[「社会連携研究部門開設シンポジウム ー社会課題解決のためのブレインモルフィックAIー」>http://bmai-symp2016.jp/]]を 2016年10月12日に開催します。
-合原先生の鼎談記事[[「創刊十五周年記念特集 ― 数でめぐる京都」>http://wedge.ismedia.jp/articles/-/7508]]が[[『ひととき』(2016年8月号)>http://wedge.ismedia.jp/articles/-/7230]] に掲載されました。
-M. Komuro, K. Kamiyama, T. Endo, and K. Aihara: [["Quasi-Periodic Bifurcations of Higher-Dimensional Tori,">http://dx.doi.org/10.1142/S0218127416300160]] International Journal of Bifurcation and Chaos, Vol.26, No.7, Article No.163001, pp.1-40 (2016) が掲載されました。
-合原先生のインタビュー記事[[「【人工知能はいま 専門家に学ぶ】(6) 日本を代表する数理工学者、合原一幸氏が見る AI の世界」>http://www.sankeibiz.jp/aireport/news/160605/aia1606050700001-n1.htm]]が [[SankeiBiz の AI(人工知能)特集>http://www.sankeibiz.jp/aireport/aireport.htm]]に紹介されました。
-Bing Wang, Hideyuki Suzuki, and Kazuyuki Aihara: [["Enhancing Synchronization Stability in a Multi-area Power Grid,">http://www.nature.com/articles/srep26596]] Scientific Reports, Vol.6, Article No.26596, pp.1-11 (2016) が掲載されました。
-M. Fukino, Y. Hirata, and K. Aihara: [["Music Visualized by Nonlinear Time Series Analysis,">https://sinews.siam.org/Details-Page/music-visualized-by-nonlinear-time-series-analysis]] Siam News, May 02, 2016 が掲載されました。
-M. Fukino, Y. Hirata, and K. Aihara: [[Chaos, Vol.26, 023116 (2016)>http://dx.doi.org/10.1063/1.4941371]] が [[Physics Today に紹介されました>http://scitation.aip.org/content/aip/magazine/physicstoday/article/69/5/10.1063/PT.3.3159]]。
-E. Fujioka, I. Aihara, M. Sumiya, K. Aihara, and S. Hiryu: [["Echolocating Bats Use Future-target Information for Optimal Foraging,">http://dx.doi.org/10.1073/pnas.1515091113]] Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America, Vol.113, No.17, pp.4848-4852 (2016) が掲載されました.   
-「&ref("Laboratories for Mathematics, Lifesciences, and Informatics/Kagaku_201604_Aihara.pdf",,,数学が拓く疾病治療:前立腺癌の内分泌療法を例にして);」([[科学、2016年4月号掲載、岩波書店許諾済>http://www.iwanami.co.jp/kagaku/KaMo201604.html]])が掲載されました。
-C. I. Tajima, S. Tajima, K. Koida, H. Komatsu, K. Aihara, and H. Suzuki: [["Population Code Dynamics in Categorical Perception,">http://dx.doi.org/10.1038/srep22536]] Scientific Reports, Vol. 6, Article No. 22536 (2016)が掲載されました。
-M. Fukino, Y. Hirata, and K. Aihara: [["Coarse-graining time series data: Recurrence plot of recurrence plots and its application for music,">http://dx.doi.org/10.1063/1.4941371]] Chaos, Vol. 26, 023116 (2016) が掲載されました ([[紹介記事>https://www.aip.org/publishing/journal-highlights/visualizing-emotional-power-music]])。
-T. Ueta, D. Ito, and K. Aihara: [["Can a Pseudo Periodic Orbit Avoid a Catastrophic Transition?,">http://www.worldscientific.com/doi/abs/10.1142/S0218127415501850]] International Journal of Bifurcation and Chaos, Vol.25, No.13, 1550185, pp.1-10 (2015) が掲載されました。
-R. Liu, P. Chen, K. Aihara, and  L. Chen: [["Identifying Early-warning Signals of Critical Transitions with Strong Noise by Dynamical Network Markers>http://www.nature.com/articles/srep17501]]," Scientific Reports, Vol.5, Article No.17501, pp.1-13 (2015) が掲載されました。
-Y. Hirata, T. Takeuchi, S. Horai, H. Suzuki and K. Aihara: [["Parsimonious description for predicting high-dimensional dynamics,">http://dx.doi.org/10.1038/srep15736]] Scientific Reports, Vol. 5, Article No. 15736 (2015)が掲載されました。
-2015/10 合原先生の研究紹介「&ref("Laboratories for Mathematics, Lifesciences, and Informatics/wedge201511-aihara.pdf",,,人工知能と脳);」が『[[月刊WEDGE>http://wedge.ismedia.jp/articles/-/5501]]』(2015年11月号) に掲載されました。
-N. Takahashi, Y. Hirata, K. Aihara, and P. Mas: [["A Hierarchical Multi-oscillator Network Orchestrates the Arabidopsis Circadian System,">http://dx.doi.org/10.1016/j.cell.2015.08.062]] Cell, Vol.163, No.1, pp.148-159 (2015) が掲載されました。 
-Y. Hirata, K. Morino, K. Akakura, C.S. Higano, N. Bruchovsky, T. Gambol, S. Hall, G. Tanaka, and K. Aihara: [["Intermittent Androgen Suppression: Estimating Parameters for Individual Patients Based on Initial PSA Data in Response to Androgen Deprivation Therapy,">http://journals.plos.org/plosone/article?id=10.1371/journal.pone.0130372]] PLOS ONE, Vol.10, No.6, e0130372-1-15 (2015)が掲載されました。 
-K. Morino, Y. Hirata, R. Tomioka, H. Kashima, K. Yamanishi, N. Hayashi, S. Egawa, and K. Aihara: [["Predicting disease progression from short biomarker series using expert advice algorithm,">http://dx.doi.org/10.1038/srep08953]] Scientific Reports, Vol. 5, Article No. 8953 (2015)が掲載されました。
-合原一幸 編著:[[「暮らしを変える驚きの数理工学」>数理生命情報学研究室/ 発表文献/ 書籍リスト/ 暮らしを変える驚きの数理工学]],ウェッジ選書 (2015) が出版されました。
-合原一幸,井村順一,堀尾喜彦,鈴木秀幸,寳来俊介:[[「複雑系数理モデル学の基礎理論構築とその分野横断的科学技術応用」>https://www.jstage.jst.go.jp/article/essfr/8/4/8_218/_article/-char/ja/]],電子情報通信学会 基礎・境界ソサイエティ Fundamentals Review,Vol.8, No.4, pp.218-228 (2014) が掲載されました。
-T. Sasai, K. Morino, G. Tanaka, J.A. Almendral, and K. Aihara: [["Robustness of Oscillatory Behavior in Correlated Networks,">http://journals.plos.org/plosone/article?id=10.1371/journal.pone.0123722]] PLOS ONE, Vol.10, No.4, e0123722, pp.1-21 (2015) が掲載されました。
-H. Ma, T. Zhou, K. Aihara, and L. Chen: [["Predicting Time-series from Short-term High-dimensional Data,">http://dx.doi.org/10.1142/S021812741430033X]] International Journal of Bifurcation and Chaos, Vol.24, No.12, 1430033-1-19 (2014) が掲載されました。
-K. Kamiyama, M. Komuro, T. Endo, and K. Aihara: [["Classification of Bifurcations of Quasi-periodic Solutions using Lyapunov Bundles,">http://dx.doi.org/10.1142/S0218127414300341]] International Journal of Bifurcation and Chaos, Vol.24, No.12, 1430034-1-30 (2014) が掲載されました。
-H. Ma, K. Aihara, and L. Chen: [["Detecting Causality from Nonlinear Dynamics with Short-term Time Series,">http://www.nature.com/srep/2014/141212/srep07464/full/srep07464.html]] Scientific Reports, Vol.4, Article No.7464, pp.1-10 (2014) が掲載されました。 
-B. Wang, G. Tanaka, H. Suzuki, and K. Aihara: [["Epidemic Spread on Interconnected Metapopulation Networks,">http://journals.aps.org/pre/abstract/10.1103/PhysRevE.90.032806]] Physical Review E, Vol.90, 032806-1-12 (2014) が掲載されました。
-R. Liu, X. Wang, K. Aihara, and L. Chen: [["Early Diagnosis of Complex Diseases by Molecular Biomarkers, Network Biomarkers, and Dynamical Network Biomarkers,">http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1002/med.21293/abstract]] Medicinal Research Reviews, Vol.34, No.3, pp.455-478 (2014) が掲載されました。
-R. Liu, X. Yu , X. Liu, D. Xu, K. Aihara, and L. Chen:[["Identifying Critical Transitions of Complex Diseases based on a Single Sample,">http://bioinformatics.oxfordjournals.org/content/early/2014/03/07/bioinformatics.btu084]] Bioinformatics, Vol.30, No.11, pp.1579-1586 (2014) が掲載されました。
-[[「カオス工学と数理モデル学の世界」>http://www.sat.t.u-tokyo.ac.jp/kaconf/]]研究会を2014年10月31日(金)に開催いたしました。
-K. Sato, J.S. Takeuchi, N. Misawa1, T. Izumi, T. Kobayashi,
Y. Kimura, S. Iwami, A. Takaori-Kondo, W.-S. Hu, K. Aihara,
M. Ito, D.S. An, V.K. Pathak, Y. Koyanagi: [["APOBEC3D and APOBEC3F Potently Promote HIV-1 Diversification and Evolution in Humanized Mouse Model,">http://www.plospathogens.org/article/info:doi/10.1371/journal.ppat.1004453]] PLOS Pathogens, Vol.10, No.10, e1004453 (2014) が掲載されました。
-G. Tanaka, C. Urabe, and K. Aihara: 
[["Random and Targeted Interventions for Epidemic Control in Metapopulation Models,">http://www.nature.com/srep/2014/140716/srep05522/full/srep05522.html]] Scientific Reports, Vol.4, Article No.5522, pp.1-8 (2014) が掲載されました。
-M. Hasegawa, H. Hirai, K. Nagano, H. Harada, and K. Aihara:[["Optimization for Centralized and Decentralized Cognitive Radio Networks,">http://ieeexplore.ieee.org/xpl/articleDetails.jsp?arnumber=6767084&sortType%3Dasc_p_Sequence%26filter%3DAND%28p_IS_Number%3A6777968%29]] Proceedings of the IEEE, Vol.102, No.4,  pp.574-584 (2014); K. Aihara and M. Hasegawa: [["Optimization, Chaotic Neural Networks, and Coherent Ising Machines [Further Thoughts],">http://ieeexplore.ieee.org/xpl/articleDetails.jsp?tp=&arnumber=6777974&refinements%3D4294967269%2C4291944246%26ranges%3D2014_2014_p_Publication_Year%26matchBoolean%3Dtrue%26searchField%3DSearch_All%26queryText%3D%28p_Authors%3AAihara%29]] Proceedings of the IEEE, Vol.102, No.4, p.585 (2014) が掲載されました。
-[[マイナビ スペシャルインタビュー>http://job.mynavi.jp/conts/2015/sci/sp-interview/vol09/]]で合原先生が紹介されました。
-日本科学未来館に於いて常設展示 [[メディアラボ第13期展示「1たす1が2じゃない世界−数理モデルのすすめ」>http://miraikan.jp/medialab/13.html]]を開催いたしました(2014年2月19日〜9月1日)。
-I. Aihara, T. Mizumoto, T. Otsuka, H. Awano, K. Nagira, H.G. Okuno, and K. Aihara: [["Spatio-Temporal Dynamics in Collective Frog Choruses Examined by Mathematical Modeling and Field Observations,">http://dx.doi.org/10.1038/srep03891]] Scientific Reports, Vol.4, Article No.3891, pp.1-8 (2014) が online で公開されました。
-K. Sato, N. Misawa, S. Iwami, Y. Satou, M. Matsuoka, Y. Ishizaka, M. Ito, K. Aihara, D.S. An, Y. Koyanagi: [["HIV-1 Vpr Accelerates Viral Replication during Acute Infection by Exploitation of Proliferating CD4+ T Cells '''In Vivo''',">http://www.plospathogens.org/article/info:doi/10.1371/journal.ppat.1003812]] PLOS PATHOGENS, Vol.9, No.12, e1003812-1-12 (2013)が online で公開されました。
-K. Sakamoto, Y. Katori, N. Saito, S. Yoshida, K. Aihara,
H. Mushiake: [["Increased Firing Irregularity as an Emergent Property of Neural-State Transition in Monkey Prefrontal Cortex,">http://www.plosone.org/article/info%3Adoi%2F10.1371%2Fjournal.pone.0080906]] PLOS ONE, Vol.8, No.12, e80906-1-26 (2013)が online で公開されました。
-B. Wang, H. Suzuki, and K. Aihara: [["Evaluating Roles of Nodes in Optimal Allocation of Vaccines with Economic Considerations,">http://dx.plos.org/10.1371/journal.pone.0070793]] PLOS ONE, Vol.8, No.8, e70793-1-9 (2013)が online で公開されました。
-T. Omi, Y. Ogata, Y. Hirata, and K. Aihara: [["Forecasting Large Aftershocks within One Day after the Main Shock,"  >http://www.nature.com/srep/2013/130717/srep02218/full/srep02218.html]] Scientific Reports, Vol.3, Article No.2218, pp.1-7 (2013)が online で公開されました。
-K. Sasahara, Y. Hirata, M. Toyoda, M. Kitsuregawa, and K. Aihara: [["Quantifying Collective Attention from Tweet Stream," >http://dx.plos.org/10.1371/journal.pone.0061823]] PLOS ONE, Vol.8, No.4, e61823, pp.1-10 (2013)が online で公開されました。
-K. Ejima, K. Aihara, and H. Nishiura: [["The Impact of Model Building on the Transmission Dynamics under Vaccination: Observable (Symptom-Based) versus Unobservable (Contagiousness-Dependent) Approaches," >http://www.plosone.org/article/info%3Adoi%2F10.1371%2Fjournal.pone.0062062]] PLOS ONE, Vol.8, No.4, e62062, pp.1-10 (2013)が online で公開されました。
-H. Suzuki, J. Imura, Y. Horio, and K. Aihara: [["Chaotic Boltzmann machines,"  >http://www.nature.com/srep/2013/130405/srep01610/full/srep01610.html]] Scientific Reports, Vol.3, Article No.1610, pp.1-5 (2013)が online で公開されました。
-[[「電力システムと最適化」ワークショップ >http://www.sat.t.u-tokyo.ac.jp/workshop20130328/]](要登録) を 2013年3月28日(木) に開催いたしました。
-[[甘利先生文化功労者顕彰記念シンポジウム >http://www.sat.t.u-tokyo.ac.jp/first/amrs/]](要登録) を 2013年2月16日(土) に開催いたしました。
-2013/1 合原先生が [[WEDGE Infinity>http://wedge.ismedia.jp/articles/-/2525?page=1]] で紹介されました。
-H. Suzuki, J. Imura, and K. Aihara: [["Chaotic Ising-like dynamics in traffic signals,"  >http://www.nature.com/srep/2013/130124/srep01127/full/srep01127.html]] Scientific Reports, Vol.3 Article No.1127, pp.1-6 (2013)が online で公開されました。
-T. Kanamaru, H. Fujii, and K. Aihara: 
[["Deformation of Attractor Landscape via Cholinergic Presynaptic Modulations: A Computational Study Using a Phase Neuron Model,''  >http://dx.plos.org/10.1371/journal.pone.0053854]] PLOS ONE, Vol.8, No.1, e53854, pp.1-14 (2013)が online で公開されました。 
-R. Liu, M. Li, Z.-P. Liu, J. Wu, L. Chen, and K. Aihara: [["Identifying Critical Transitions and their Leading Biomolecular Networks in Complex Diseases," >http://www.nature.com/srep/2012/121108/srep00813/full/srep00813.html]] Scientific Reports, Vol.2, Article No.813, pp.1-9 (2012)が online で公開されました。
-B. Wang, L. Cao, H. Suzuki, and K. Aihara: [["Safety-information-driven Human Mobility Patterns with Metapopulation Epidemic Dynamics,">http://www.nature.com/srep/2012/121126/srep00887/full/srep00887.html]] Scientific Reports, Vol.2, Article No.887, pp.1-8 (2012)が online で公開されました。
-2012/11 [[名誉教授の甘利俊一先生が、情報幾何学や数理脳科学をはじめとする数理工学における功績により平成24年度文化功労者として顕彰されました>http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/24/11/1327866.htm]]。
-[[平成24年度 数学・数理科学と諸科学・産業との連携研究ワークショップ「臨床医学応用のための数理的手法に関する諸問題:がん、HIV、新型インフルエンザの治療・対策に向けて」>http://www.sat.t.u-tokyo.ac.jp/~gouhei/workshop20121111/index.html]]が開催されました。
-T. Kohda, Y. Horio, Y. Takahashi, & K. Aihara: [["Beta Encoders: Symbolic Dynamics and Electronic Implementation,">http://www.worldscientific.com/doi/abs/10.1142/S0218127412300315]] International Journal of Bifurcation and Chaos, Vol.22, No.9, 1230031 (2012) が掲載されました。
-2012/8 鈴木先生が[[戦略的創造研究推進事業(CREST)>http://www.jst.go.jp/pr/info/info906/besshi2-01.html]]に採択されました。
-K. Iwayama, Y. Hirata, K. Takahashi, K. Watanabe, K. Aihara
& H. Suzuki: [["Characterizing global evolutions of complex systems via intermediate network representations,">http://www.nature.com/srep/2012/120525/srep00423/full/srep00423.html]] Scientific Reports, Vol.2, Article No.423, pp.1-5 (2012)が online で公開されました。
-L. Chen, R. Liu, Z.-P. Liu, M. Li, and K. Aihara: [["Detecting Early-warning Signals for Sudden Deterioration of Complex Diseases by Dynamical Network Biomarkers,">http://www.nature.com/srep/2012/120329/srep00342/full/srep00342.html]] Scientific Reports, Vol.2, Article No.342, pp.1-8 (2012)が online で公開されました。
-G. Tanaka, K. Morino, and K. Aihara: [["Dynamical Robustness in Complex Networks: The Crucial Role of Low-degree Nodes,">http://www.nature.com/srep/2012/120125/srep00232/full/srep00232.html]] Scientific Reports, Vol.2, Article No.232, pp.1-6 (2012)が online で公開されました。
-2012/1 合原先生の研究紹介「&ref("Laboratories for Mathematics, Lifesciences, and Informatics/wedge201201-aihara.pdf",,,数学で複雑系に挑む);」が『[[月刊WEDGE>http://wedge.ismedia.jp/articles/-/1631]]』(2012年1月号) に掲載されました。
-2011/11 [[Movember2011>http://uk.movember.com/mospace/1091594/]]活動に参加しています!(&ref(数理生命情報学研究室/Movember2011.jpg,noimg,写真);)
-Y. Katori, K. Sakamoto, N. Saito, J. Tanji, H. Mushiake, and K. Aihara: "[[Representational Switching by Dynamical Reorganization of Attractor Structure in a Network Model of the Prefrontal Cortex>http://www.ploscompbiol.org/article/info%3Adoi%2F10.1371%2Fjournal.pcbi.1002266#top]]," PLoS Computational Biology, Vol.7, No.11, e1002266, pp.1-17 (2011)が online で公開されました。
-2011/10 合原先生の執筆された「&ref("Laboratories for Mathematics, Lifesciences, and Informatics/daihorin201111.pdf",,,科学者として);」が『大法輪』(2011年11月号) に掲載されました。
-T. Okamoto, K. Ikezoe, H. Tamura, M. Watanabe, K. Aihara, and I. Fujita: [["Predicted Contextual Modulation Varies with Distance from Pinwheel Centers in the Orientation Preference Map,">http://www.nature.com/srep/2011/111012/srep00114/full/srep00114.html]] Scientific Reports, Vol.1, Article No.114, pp.1-11 (2011)が online で公開されました。
-2011/6 合原最先端数理モデルプロジェクトの[[リーフレット No.3>http://www.sat.t.u-tokyo.ac.jp/first/docs/aimm_leaflet_03.pdf]]が発行されました。
-2011/1 合原先生の執筆された「&ref("Laboratories for Mathematics, Lifesciences, and Informatics/budo.pdf",,,ゆらぐ切っ先);」が『武道』2011年1月号 (日本武道館) に掲載されました。
-2011/1 合原先生の執筆された「&ref("Laboratories for Mathematics, Lifesciences, and Informatics/daihorin2011.pdf",,,隣家の恩恵);」が『大法輪』(2011年2月号) に掲載されました。
-2010/12 合原最先端数理モデルプロジェクトの[[リーフレット No.2>http://www.sat.t.u-tokyo.ac.jp/first/docs/aimm_leaflet_02.pdf]]が発行されました。
-特集「(&ref("Laboratories for Mathematics, Lifesciences, and Informatics/kagaku201012.pdf",,,モデル化 変化する現実認識);)」(科学、2010年12月号、岩波書店)が出版されました。
-山口昌哉著「(&ref("Laboratories for Mathematics, Lifesciences, and Informatics/chaos-and-fractal.pdf",,,カオスとフラクタル);)」(解説 合原一幸)(ちくま学芸文庫、2010)が出版されました。ブルーバックスの復刻版です。
-合原先生と H. Robinson 博士(ケンブリッジ大学)の研究チームが Daiwa Adrian Prize 2010 を受賞し、受賞式が 12月2日にロンドンの王立協会で行なわれました([[写真>数理生命情報学研究室/Photo/Daiwa Adrian Prize]])。
-K. Aihara(Ed.): [["Theory of Hybrid Dynamical Systems and its Applications to Biological and Medical Systems,">http://rsta.royalsocietypublishing.org/content/368/1930.toc]] Philosophical Transactions of the Royal Society A, Vol.368, No.1930 (2010) が online で公開されました([[本特集号詳細>http://rsta.royalsocietypublishing.org/site/issues/hybrid_dynamical_systems.xhtml]])。
-L. Chen, R. Wang, C. Li, and K. Aihara,
[[Modeling Biomolecular Networks in Cells: Structures and Dynamics>数理生命情報学研究室/ 発表文献/ 書籍リスト/Modeling Biomolecular Networks in Cells]],
Springer (2010) が出版されました。
-2010/11 合原先生が紹介されている「[[ようこそ、私の研究室へ>http://www.d21.co.jp/modules/shop/product_info.php?products_id=804]]」が書籍化されました。
-2010/8 合原最先端数理モデルプロジェクトの[[リーフレット No.1>http://www.sat.t.u-tokyo.ac.jp/first/docs/aimm_leaflet_01.pdf]]が発行されました。
-2010/8 合原先生が [[生研ニュース 2010年8月号>http://www.iis.u-tokyo.ac.jp/topics/IISNEWS/IISNEWS125.pdf]] で紹介されました。
-2010/6/20 前立腺がんの数理モデル研究が &ref("Laboratories for Mathematics, Lifesciences, and Informatics/CR_REPORT5.pdf",,,日経メディカル Cancer Review); で紹介されました。
-2010/6/4-5 [[生研公開2010(駒場リサーチキャンパス公開)>http://www.iis.u-tokyo.ac.jp/seikenkoukai/2010/seikenkoukai2010.html]]が今年も大盛況のうち終了しました。
-2010/3/4 東京大学生産技術研究所[[最先端数理モデル連携研究センター>http://www.sat.t.u-tokyo.ac.jp/center/]](センター長:合原一幸)が設立されました。
-2010/3 ファッションデザイナーの[[松居エリさん>http://www.erimatsui.com/]]と木本圭子さん,合原先生のコラボで,東コレで[[数理ファッション>http://www.erimatsui.com/event/science.html]]を発表しました (&ref("Laboratories for Mathematics, Lifesciences, and Informatics/TokyoCollection2010.pdf",,,案内状のpdfファイル);,&ref(数理生命情報学研究室/ERI.M-059.JPG,noimg,写真1);,&ref(数理生命情報学研究室/ERI.M-074.JPG,noimg,写真2);,&ref(数理生命情報学研究室/ERI.M-073-web.JPG,noimg,写真3);)。
-2010/2 合原先生のインタビュー記事が国立科学博物館刊行の雑誌  milsil に掲載されました (&ref("Laboratories for Mathematics, Lifesciences, and Informatics/milsil2010-o.pdf",,,記事のpdfファイル);)。
-2010/2/1 研究室の紹介記事がSUNDAI ADVANCEに掲載されました (&ref("Laboratories for Mathematics, Lifesciences, and Informatics/advance2010-o.pdf",,,記事のpdfファイル);)。
-2009/9 合原先生が[[最先端研究開発支援プログラム>http://www.sat.t.u-tokyo.ac.jp/first/]]に採択されました。
-2009/8 鈴木先生、河野先生、小林先生が[[戦略的創造研究推進事業(さきがけ)>http://www.jst.go.jp/pr/info/info666/index.html]]にそれぞれ採択されました。
-2009/5/29-30 [[生研公開2009(駒場リサーチキャンパス公開)>http://www.iis.u-tokyo.ac.jp/seikenkoukai/2009/seikenkoukai2009.html]]が今年も大盛況のうち終了しました。
-2009 JST・ERATO合原複雑数理モデルプロジェクトで[[分岐理論解析フリーソフトBUNKI>http://bunki.sat.iis.u-tokyo.ac.jp/]]を開発しました。
-2009/1/6 弥生会主催の駅伝大会に出場し、総合第2位と健闘しました!([[記念写真>数理生命情報学研究室/Photo]])
-2008/10/20 [[「爆笑問題のニッポンの教養 脳を創る男 カオス工学」>数理生命情報学研究室/ 発表文献/ 書籍リスト/ 爆笑問題のニッポンの教養 脳を創る男 カオス工学]](太田光, 田中裕二, 合原一幸著, 講談社)が出版されました。
-2008/8/28 [[「理工学系からの脳科学入門」>数理生命情報学研究室/ 発表文献/ 書籍リスト/ 理工学系からの脳科学入門]] (合原一幸, 神崎亮平編, 東京大学出版会)が出版されました。 
-2008/6/30 [[「社会を変える驚きの数学」>数理生命情報学研究室/ 発表文献/ 書籍リスト/ 社会を変える驚きの数学]] (合原一幸編著, ウェッジ選書)が出版されました。 
-2008/5 [[「JSTNews ようこそ私の研究室へ」>http://www.jst.go.jp/pr/jst-news/2008/2008-05/page09.html]]で紹介されました。 
-K Aihara: [[Chaos in neurons>http://www.scholarpedia.org/article/Chaos_in_neurons]], [[Scholarpedia>http://www.scholarpedia.org]], 3(5):1786 (2008)