Laboratories for Mathematics, Lifesciences, and Informatics



  • 追加された行はこの色です。
  • 削除された行はこの色です。
*ニュース ([[>>一覧>ニュース]]) [#xc834184]
-テレビ東京系列[[「クロスロード」>http://www.tv-tokyo.co.jp/crossroad/]][[『東京大学 合原一幸教授』篇(2017年3月11日)>http://www.tv-tokyo.co.jp/crossroad/backnumber/person171.html]]で合原先生が紹介されました。
-合原先生が、NHK Eテレ『視点・論点』[[「人工知能と脳」(2017年1月11日)>http://www.nhk.or.jp/kaisetsu-blog/400/260652.html]]に出演されました。
-M. Nagata, Y. Hirata, N. Fujiwara, G. Tanaka, H. Suzuki, and  K. Aihara: [["Smoothing effect for spatially distributed renewable resources and its impact on power grid robustness,">http://aip.scitation.org/doi/full/10.1063/1.4977510]] Chaos, Vol.27, Article No.033104 (2017) が掲載されました。 
-Y. Li, M. Oku, G. He, and K. Aihara: [["Elimination of Spiral Waves in a Locally Connected Chaotic Neural Network by a Dynamic Phase Space Constraint,">https://authors.elsevier.com/a/1UUBX3BBjKS8et]] Neural Networks, Vol.88, pp.9-21 (2017) が掲載されました。
-T. Leleu, Y. Yamamoto, S. Utsunomiya, and K. Aihara: [["Combinatorial Optimization using Dynamical Phase Transitions in Driven-dissipative Systems,">https://journals.aps.org/pre/abstract/10.1103/PhysRevE.95.022118]] Physical Review E, Vol.95, No.2, pp.022118-1-18 (2017) が掲載されました。 
-T. Yuan, K. Aihara, and G. Tanaka: [["Robustness and Fragility in Coupled Oscillator Networks under Targeted Attacks,">https://journals.aps.org/pre/abstract/10.1103/PhysRevE.95.012315]] Physical Review E, Vol.95, No.1, pp.012315-1-6 (2017) が掲載されました。 
-J.M. Amigo, Y. Hirata, and K. Aihara: [["On the Limits of Probabilistic Forecasting in Nonlinear Times Series Analysis,">http://aip.scitation.org/doi/full/10.1063/1.4971412]] Chaos, Vol.26, No.12, pp.123114-1-7 (2016) が掲載されました。
-C.T. Urabe, G. Tanaka, K. Aihara, and M. Mimura: [["Parameter Scaling for Epidemic Size in a Spatial Epidemic Model with Mobile Individuals,">http://journals.plos.org/plosone/article?id=10.1371/journal.pone.0168127]] PLOS ONE, Vol.11, No.12, e0168127, pp.1-16 (2016) が掲載されました。 
-T. Inagaki, Y. Haribara, K. Igarashi, T. Sonobe, S. Tamate, T. Honjo, A. Marandi, P.L. McMahon, T. Umeki, K. Enbutsu, O. Tadanaga, H. Takenouchi, K. Aihara, K. Kawarabayashi, K. Inoue, S. Utsunomiya, and H. Takesue: [["A Coherent Ising Machine for 2000-node Optimization Problems,">http://science.sciencemag.org/content/354/6312/603]] Science, Vol.354, No.6312, pp.603-606 (2016) が掲載されました。
-P.L. McMahon, A. Marandi, Y. Haribara, R. Hamerly, C. Langrock, S. Tamate, T. Inagaki, H. Takesue, S. Utsunomiya, K. Aihara, R.L. Byer, M.M. Fejer, H. Mabuchi, and Y. Yamamoto: [["A Fully-programmable 100-spin Coherent Ising Machine with All-to-all Connections,">http://science.sciencemag.org/content/354/6312/614]] Science, Vol.354, No.6312, pp.614-617 (2016) が掲載されました。
#author("2020-05-28T14:23:00+09:00","","")
*ニュース ([[>>一覧>./ ニュース]]) [#xc834184]
-S. Leng, H. Ma, J. Kurts, Y.-C. Lai, W. Lin, K. Aihara, and L. Chen: [["Partial Cross Mapping Eliminates Indirect Causal Influences,">https://www.nature.com/articles/s41467-020-16238-0]] Nature Communications, Vol.11, Article No.2632, pp.1-9 (2020) に掲載されました。 
-2020/4/1 合原先生に[[東京大学特別教授>https://www.u-tokyo.ac.jp/ja/about/granted-titles/b01_12.html]]の称号が授与されました。
-2020年3月19日に予定されていました合原一幸先生の退職教員記念講演会「複雑系数理工学の展望」は、新型コロナウイルス感染拡大が懸念されるため、&color(red){延期(開催日未定)};いたします。
-Y. Itoh, S. Uenohara,  M. Adachi,  T. Morie, and  K. Aihara: [["Reconstructing Bifurcation Diagrams Only from Time-series Data Generated by Electronic Circuits in Discrete-time Dynamical Systems,">https://aip.scitation.org/doi/10.1063/1.5119187]] Chaos, Vol.30, No.1, 013128-1-11 (2020) に掲載されました。
-M.K. Kajita, K. Aihara, and T.J. Kobayashi: [["Reliable Target Ligand Detection by Noise-induced Receptor Cluster Formation,">https://doi.org/10.1063/1.5140714]] Chaos: An Interdisciplinary Journal of Nonlinear Science, Vol.30, No.1, 011104-1-6 (2020) に掲載されました。
-S. Okuno, K. Aihara, and Y. Hirata: [["Forecasting high-dimensional Dynamics Exploiting Suboptimal Embeddings,">https://www.nature.com/articles/s41598-019-57255-4]] Scientific Reports, Vol.10, Article No.664, pp.1-11 (2020) に掲載されました。 
-合原先生が現象数理学三村賞を受賞し、受賞式が 12月21日に明治大学中野キャンパスで行なわれました([[開催案内>http://www.mims.meiji.ac.jp/award/index.html]])。
-[[右記論文>http://www.pnas.org/content/early/2018/10/04/1802987115]]が 2019 ICCM Best Paper Award を受賞しました(&ref(数理生命情報学研究室/ICCM_Award.jpg,noimg,写真);)。H. Ma, S. Leng, K. Aihara, W. Lin, and L. Chen: [["Randomly Distributed Embedding Making Short-term High-dimensional Data Predictable,">http://www.pnas.org/content/early/2018/10/04/1802987115]] Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America, Vol.115, No.43, pp.E9994-E10002 (2018)
-K. Tokuda, Y. Katori, and  K. Aihara: [["Chaotic Dynamics as a Mechanism of Rapid Transition of Hippocampal Local Field Activity between Theta and Non-theta States,">https://aip.scitation.org/doi/10.1063/1.5110327]] Chaos, Vol.29, No.11, 113115, pp.1-16 (2019) に掲載されました。
-J. Shi, T. Li, L. Chen, and K. Aihara: [["Quantifying Pluripotency Landscape of Cell Differentiation from scRNA-seq Data by Continuous Birth-death Process,">https://journals.plos.org/ploscompbiol/article?id=10.1371/journal.pcbi.1007488]] PLOS Computational Biology, Vol.15, No.11, pp.1-17 (2019) に掲載されました。
-T. Matsumori, H. Sakai, and K. Aihara: [["Early-warning Signals using Dynamical Network Markers Selected by Covariance,">https://journals.aps.org/pre/abstract/10.1103/PhysRevE.100.052303]] Physical Review E, Vol.100, No.5, 052303, pp.1-9 (2019) に掲載されました。
-合原一幸 編著:[[「人工知能はこうして創られる」>数理生命情報学研究室/ 発表文献/ 書籍リスト/ 人工知能はこうして創られる]],ウェッジ (2017) が [[UTokyo BiblioPlaza>https://www.u-tokyo.ac.jp/biblioplaza/ja/E_00238.html]] で紹介されました。
-S. Okuno, K. Aihara, and Y. Hirata: [["Combining Multiple Forecasts for Multivariate Time Series via State-dependent Weighting,">https://aip.scitation.org/doi/10.1063/1.5057379]] Chaos, Vol.29, No.3, 033128-1-11 (2019)に掲載されました。 
-K. Koizumi, M. Oku, S. Hayashi, A. Inujima, N. Shibahara, L. Chen, Y. Igarashi, K. Tobe, S. Saito, M. Kadowaki, and K. Aihara: [["Identifying Pre-disease Signals Before Metabolic Syndrome in Mice by Dynamical Network Biomarkers,">https://www.nature.com/articles/s41598-019-45119-w]] Scientific Reports, Vol.9, Article No.8767, pp.1-11 (2019) に掲載されました。
-DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー・オンラインに合原先生のインタビュー記事[[「100に1つプロのデザイナーが驚くものができればAIをファッションに使う意味はある」>https://www.dhbr.net/articles/-/5863]]が掲載されました。
-Amazon Fashion Week TOKYO 2019 A/W, [[EMarie 2019 A/W Collection>https://youtu.be/QPpTlV_Lm6c]] に合原先生が登壇されました。
-対談記事&ref("Laboratories for Mathematics, Lifesciences, and Informatics/taidai-AiharaIwami2019-final.pdf",,,【第4 回数理生物学対談「合原一幸教授」】『「好きなこと」だけを研究テーマに』); が日本数理生物学会ニュースレター,No.87, pp.18-26 (2019)に掲載されました。
-シンポジウム &ref("Laboratories for Mathematics, Lifesciences, and Informatics/AI-Fashion-Symposium2019-poster.pdf",,,「人間知能(HI)と人工知能(AI)の出会いが生み出すニューロインテリジェンス(NI)共通基盤の可能性:ファッションから見るその未来」); を 2019年3月20日に開催します(&ref("Laboratories for Mathematics, Lifesciences, and Informatics/AI-Fashion-symposium-program.pdf",,,プログラム);, [[参加登録>https://goo.gl/forms/HZR0XQpsKePiwRZx1]]).
-T. Leleu, Y. Yamamoto, P.L. McMahon, and K. Aihara: [["Destabilization of Local Minima in Analog Spin Systems by Correction of Amplitude Heterogeneity,">https://journals.aps.org/prl/abstract/10.1103/PhysRevLett.122.040607]] Physical Review Letters, Vol.122, 040607-1-6 (2019) に掲載されました。
-S. Tsuji and K. Aihara: [["Criterion for Determining the Optimal Delay of Attractor Reconstruction using Persistent Homology,">https://www.jstage.jst.go.jp/article/nolta/10/1/10_74/_article]] Nonlinear Theory and Its Applications, IEICE, No.10, No.1, pp.74-89 (2019) に掲載されました.
-H. Ma, S. Leng, K. Aihara, W. Lin, and L. Chen: [["Randomly Distributed Embedding Making Short-term High-dimensional Data Predictable,">http://www.pnas.org/content/early/2018/10/04/1802987115]] Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America, Vol.115, No.43, pp.E9994-E10002 (2018) に掲載されました.
-Prof. Dr. Wolfgang Maass の &ref("Laboratories for Mathematics, Lifesciences, and Informatics/maass20181112-A4.pdf",,,Special Seminar:"How do networks of spiking neurons compute and learn?"); を 2018年11月12日に開催しました. 
-(解説記事)合原一幸:&ref("Laboratories for Mathematics, Lifesciences, and Informatics/OHM2018.pdf",,,「複雑系数理モデル学で“読み解く”電力システム」); が [[OHM 2018年7月号(第105巻第7号)>https://www.ohmsha.co.jp/magazine/ohm201807h/]] に掲載されました.
-D. Ito, T. Ueta, K. Aihara: [["Bifurcation Analysis of Eight Coupled Degenerate Optical Parametric Oscillators,">https://doi.org/10.1016/j.physd.2018.01.010]] Physica D, Vol.372, pp.22-30 (2018) が掲載されました. 
-[["Special issue on The second step of the FIRST,">http://www.nolta.ieice.org/]] Nonlinear Theory and Its Applications, IEICE, Vol.9, No.2 (2018) が掲載されました.
-&ref("Laboratories for Mathematics, Lifesciences, and Informatics/180305_workshop_program_fin.pdf",,,International Workshop on Early-warning signals from Fundamentals to Applications); を 2018年3月5日-6日に開催しました。
-Y. Hirata, K. Morino, K. Akakura, C.S. Higano, and K. Aihara: [["Personalizing Androgen Suppression for Prostate Cancer Using Mathematical Modeling,">https://doi.org/10.1038/s41598-018-20788-1]] Scientific Reports, Vol.8, Article No.2673, pp.1-8 (2018) が掲載されました。
-B. Schäfer, C. Beck, K. Aihara, D. Witthaut, and M. Timme: [["Non-Gaussian Power Grid Frequency Fluctuations Characterized by Lévy-stable Laws and Superstatistics,">https://www.nature.com/articles/s41560-017-0058-z]] Nature Energy, Vol.3, No.2, pp.119-126 (2018) が掲載されました([[arxiv:1807.08496>http://arxiv.org/abs/1807.08496]])。





*研究室に入るには [#iade8305]
[[研究室に入るためには>./研究室に入るためには]]をご覧下さい。
[[研究室に入るためには>./ 研究室に入るためには]]をご覧下さい。

*教員 [#m96d39de]
|CENTER:150|CENTER:150|CENTER:150|c
|[[&ref(memberseimei_1.jpg,,合原一幸教授);>../教員紹介/合原一幸]]|[[&ref(memberseimei_8.jpg,,97%,山口陽子連携教授);>../教員紹介/山口陽子]]|[[&ref(memberseimei_7.jpg,,陳洛南客員教授);>../教員紹介/陳洛南]]|
|[[合原一幸教授>../教員紹介/合原一幸]]|[[山口陽子連携教授>../教員紹介/山口陽子]]|[[陳洛南客員教授>../教員紹介/陳洛南]]|
|CENTER:180|CENTER:180|CENTER:180|c
|[[&ref(memberseimei_1.jpg,,合原 一幸 教授);>../教員紹介/ 合原 一幸 教授]]|[[&ref(memberseimei_8.jpg,,97%,山口 陽子 連携教授);>../教員紹介/ 山口 陽子 連携教授]]|[[&ref(memberseimei_7.jpg,,陳 洛南 客員教授);>../教員紹介/ 陳 洛南 客員教授]]|
|[[合原 一幸 教授>../教員紹介/ 合原 一幸 教授]]|[[山口 陽子 連携教授>../教員紹介/ 山口 陽子 連携教授]]|[[陳 洛南 客員教授>../教員紹介/ 陳 洛南 客員教授]]|
&br;
|CENTER:150|CENTER:150|CENTER:150|CENTER:150|c
|[[&ref(memberseimei_3.jpg,,19%,河野崇准教授);>../教員紹介/河野崇]]|[[&ref(memberseimei_4.jpg,,17%,小林徹也准教授);>../教員紹介/小林徹也]]|[[&ref(memberseimei_5.jpg,,17%,平田祥人特任准教授);>../教員紹介/平田祥人]]|[[&ref(memberseimei_10.jpg,,68%,田中剛平特任准教授);>../教員紹介/田中剛平]]|
|[[河野崇准教授>../教員紹介/河野崇]]|[[小林徹也准教授>../教員紹介/小林徹也]]|[[平田祥人特任准教授>../教員紹介/平田祥人]]|[[田中剛平特任准教授>../教員紹介/田中剛平]]|
|CENTER:180|CENTER:180|CENTER:180|c
|[[&ref(memberseimei_3.jpg,,19%,河野 崇 准教授);  >../教員紹介/ 河野 崇 准教授]]|[[&ref(memberseimei_4.jpg,,17%,小林 徹也 准教授);>../教員紹介/ 小林 徹也 准教授]]|[[&ref(memberseimei_10.jpg,,68%,田中 剛平 特任准教授);>../教員紹介/ 田中 剛平 特任准教授]]|
|[[河野 崇 教授>../教員紹介/ 河野 崇 准教授]]|[[小林 徹也 准教授>../教員紹介/ 小林 徹也 准教授]]|[[田中 剛平 特任准教授>../教員紹介/ 田中 剛平 特任准教授]]|


*所属 [#cbb7a3ab]
-[[東京大学>http://www.u-tokyo.ac.jp/index.html]] 
[[生産技術研究所>http://www.iis.u-tokyo.ac.jp/index.html]]
-[[東京大学>http://www.u-tokyo.ac.jp/index.html]]
[[大学院 情報理工学系研究科>http://www.i.u-tokyo.ac.jp/]]
[[数理情報学専攻>http://www.i.u-tokyo.ac.jp/edu/course/mi/]]
-[[東京大学>http://www.u-tokyo.ac.jp/index.html]] 
[[大学院 工学系研究科>http://www.t.u-tokyo.ac.jp/soe/index.html]] [[電気系工学専攻>http://www.eeis.t.u-tokyo.ac.jp/]]
-[[東京大学>http://www.u-tokyo.ac.jp/index.html]] 
[[工学部>http://www.t.u-tokyo.ac.jp/foe/index.html]] [[計数工学科>http://www.keisu.t.u-tokyo.ac.jp/index-j.html]]
-[[東京大学>http://www.u-tokyo.ac.jp/index.html]] 
[[生産技術研究所>http://www.iis.u-tokyo.ac.jp/index.html]] [[最先端数理モデル連携研究センター>http://www.sat.t.u-tokyo.ac.jp/center/]]
[[生産技術研究所>http://www.iis.u-tokyo.ac.jp/index.html]] [[最先端数理モデル連携研究センター>http://www.sat.t.u-tokyo.ac.jp/center/]] (2010年3月4日-2018年3月31日)

*共同研究 [#x3cac0cd]
-[[ERATO 合原複雑数理モデルプロジェクト>http://www.sat.t.u-tokyo.ac.jp/jst/index_j.html]]
-[[FIRST 合原最先端数理モデルプロジェクト>http://www.sat.t.u-tokyo.ac.jp/first/]]

*産学連携研究 [#o5d90cd9]
-[[社会連携講座「省エネルギー情報処理」>http://eeip.t.u-tokyo.ac.jp/index.html]]
-[[社会連携研究部門「未来の複雑社会システムのための数理工学社会連携研究部門」>https://www.iis.u-tokyo.ac.jp/ja/research/department_center/mathematical-engineering-for-complex-social-systems-in-future/]]
-[[社会連携研究部門「社会課題解決のためのブレインモルフィック AI 社会連携研究部門」>https://www.iis.u-tokyo.ac.jp/ja/research/department_center/ai/]]
-[[社会連携研究部門「社会課題解決のためのブレインモルフィック AI 社会連携研究部門」>https://www.iis.u-tokyo.ac.jp/ja/research/department_center/social_ai/]]
-[[(株)あいはら >http://www.aihara.co.jp/rdteam/index-j.html]]
-[[カオス時系列解析システム Sunday Chaos Times>http://www.aihara.co.jp/rdteam/sunday-chaostimes/index-j.html]]
-[[迷惑メール対策「+abmail」>http://www.aihara.co.jp/rdteam/+abmail/]]

*主なアウトリーチ活動 [#u8e51891]
-東京コレクション 2010
-電力館 科学ゼミナール 「数理工学 〜現象に学び社会に活かす数学〜」
*人を対象とする医学系研究について [#k82cc5a3]
-&ref("Laboratories for Mathematics, Lifesciences, and Informatics/S12_IISkokai_2857(8)-JP.pdf",,,数理モデルを用いた前立腺癌再発動態の検討);


//&ref(suuri_logo.gif);