Laboratories for Mathematics, Lifesciences, and Informatics

Top / 数理生命情報学研究室 / 教員紹介 / 尾形良彦

尾形良彦特任教授
  • 東京大学 生産技術研究所 最先端数理モデル連携研究センター 客員教授
    • 〒153-8505 東京都目黒区駒場 4-6-1 Cw-601 号室
    • TEL: 03-5452-6372 内線 56372
    • FAX: 03-5452-6371

_ 略歴

  • 1973年 東京教育大学大学院 理学研究科 博士課程 応用数理学専攻 中途退学
  • 1973年 統計数理研究所 研究員
  • 1980年 工学博士 (大阪大学)
  • 1984年 統計数理研究所 主任研究官
  • 1985年 統計数理研究所 助教授
  • 1994年 統計数理研究所 教授
  • 2000年 統計数理研究所 研究主幹(2002年まで)
  • 2002年 総合研究大学院大学 数物研究科 副研究科長(2003年まで)
  • 2004年 総合研究大学院大学 統計科学専攻 専攻長(2008年まで)
  • 2008年 総合研究大学院大学 複合科学研究科 研究科長(2010年まで)
  • 2012年 統計数理研究所 名誉教授 および 総合研究大学院大学 名誉教授
  • 2012年 東京大学生産研究所 最先端数理モデル連携研究センター客員教授

_ 研究テーマ

  • 統計地震学
  • 点過程の統計解析
  • ベイズモデルとその応用
  • 地震の確率予報精度向上のためのハイブリッドモデリング

_ 主な論文・著書

  • Ogata, Y. and Katsura, K. (2012). Prospective foreshock forecast experiment during the last 17 years, Geophys. J. Int., doi:10.1111/j.1365-246X.2012.05645.x.
  • Ogata, Y. (2011). Pre-seismic anomalies in seismicity and crustal deformation: case studies of the 2007 Noto Hanto earthquake of M6.9 and the 2007 Chuetsu-oki earthquake of M6.8 after the 2004 Chuetsu earthquake of M6.8, Geophys. J. Int., 186, 331-348.
  • Nomura, S., Ogata, Y., Komaki, F. and Toda, S. (2011). Bayesian forecasting of the recurrent earthquakes and its predictive performance for a small sample size, J. Geophys. Res., 116, B04315, doi:10.1029/2010JB007917.
  • Ogata, Y. (2011). Significant improvements of the space-time ETAS model for forecasting of accurate baseline seismicity, Earth, Planets and Space, 63, 217-229.
  • Kumazawa, T., Ogata, Y. and Toda, S. (2010). Precursory seismic anomalies and transient crustal deformation prior to the 2008 Mw = 6.9 Iwate-Miyagi Nairiku, Japan, earthquake, J.Geophys. Res., .115, B10312, doi:10.1029/2010JB007567..
  • Ogata, Y. (2010). Anomalies of seismic activity and transient crustal deformations preceding the 2005 M7.0 earthquake west of Fukuoka, Pure and Applied Geophysics, 167, 1115-1127.
  • Ogata, Y. and Toda. S. (2010). Bridging great earthquake doublets through silent slip: On- and off-fault aftershocks of the 2006 Kuril Island subduction earthquake toggled by a slow slip on the outer rise normal fault the 2007 great earthquake, J. Geophys. Res., 115, B06318, doi:10.1029/2009JB006777.
  • Ogata, Y. (2010). Space-time heterogeneity in aftershock activity, Geophys. J. Int., .181, 1575-1592.
  • Ogata, Y. (1998). Space-time point-process models for earthquake occurrences, Ann. Inst. Statist. Math., 50, 379-402.
  • Ogata, Y. (1988). Statistical models for earthquake occurrences and residual analysis for point processes, J. Amer. Statist. Assoc., 83, 9-27.
Last-modified: 2014-01-30 (木) 12:27:39 (2349d)