Laboratories for Mathematics, Lifesciences, and Informatics

Top / Publications / Presentation Only

Presentation Only

_ Sample

  • A. Author and B. Author: "Sample Article", Jornal Name, Vol.1, No.1, pp.1-2 (2009).filePDF
  • C. Author: "Sample Article 2", Jornal Name, Vol.1, No.1, pp.3-4 (2009).filePDF

_ 2009

_ 2008/August

  • Koh Hashimoto and Kazuyuki Aihara: ``Multi-game effect in finite populations,” The Second China-Japan Colloquium of Mathematical Biology, (2008/8/4-7: Okayama University). (Oral)
  • H. Ando, S. Sinha, and K. Aihara: ``An Evolutionary migration model with adaptive chaos control ,” The Second China-Japan Colloquium of Mathematical Biology, (2008/8/4-7: Okayama University). (Poster)

_ 2008/January

  • 保坂亮介, 合原一幸: 「STDPネットワークと時空間入力による同期発火の生成」, 脳と心のメカニズム 第8回冬のワークショップ (2008/1/9-11: 留寿都).

_ 2007/December

  • 荻野貴久,堀尾喜彦,合原一幸: 「相互情報量の時間変化を用いた動的連想記憶の解析」, 電気学会電子回路研究会 (2007/12/7--8: 八海山,新潟).
  • 木戸辰之輔,堀尾喜彦,合原一幸: 「大規模ダイナミカルシステムを用いたBCIシステムの基礎的考察」, 電気学会電子回路研究会 (2007/12/7--8: 八海山,新潟).
  • 横田直人,堀尾喜彦,長谷川幹雄,合原一幸: 「二次割り当て問題のための同期更新アルゴリズムの提案」, 電気学会電子回路研究会 (2007/12/7--8: 八海山,新潟).

_ 2007/September

  • Gen Kurosawa, Kunichika Tsumoto, and Kazuyuki Aihara (invited): ``Light Adaptation of Biological Clocks under 24h Light-dark Cycles,'' BioStatPhys in UT '07 (2007/9/14: 東京).

_ 2007/May

  • Yoshito Hirata and Kazuyuki Aihara (Invited): ``Identifying Recurrence of Prostate Cancer using a Mathematical Model,'' Seminar at Prostate Centre (2007/5/25: Department of Cancer Endocrinology, British Columbia Cancer Agency, Vancouver, Canada)

_ 2007/April

  • 合原一幸: 「前立腺がんの数理モデルとその非線形ダイナミクス」, 複雑系生命システム研究センター 2007年度公開シンポジウム (2007/4/28: 東大駒場キャンパス).

_ 2007/March

  • 合原一幸: 「生命システムの数理モデル解析」, 電子情報通信学会 2007年総合大会 フェロー記念講演会 (2007/3/20--23: 名古屋).

_ 2007/February

  • 合原一幸 $\times$ 大橋良介 $\times$ 川藤平太 $\times$ 斎藤成也: パネルディスカッション 「21世紀の新しい人間観を探る」(コーディネータ:松井孝典), 第11回 KOSMOS フォーラム (2007/2/3: Tokyo FM Hall).

_ 2007/January

  • 垣本悠太, 合原一幸: 「階層型カオスニューラルネットワークによる連想記憶モデル」, 脳と心のメカニズム 第7回冬のワークショップ (2007/1/9-11: 留寿都).
  • 藤原寛太郎,合原一幸: 「多試行スパイクデータにおける高次統計量の時間変動解析法」, 脳と心のメカニズム 第7回冬のワークショップ (2007/1/9-11: 留寿都).

_ 2006/January

  • 藤原寛太郎, 合原一幸: 「発火様式の解析によるバースト生成メカニズムの推定」, 脳と心のメカニズム第6回冬のワークショップ (2006/1/10-12: 留寿都)
  • 佐藤好幸, 豊泉太郎, 合原一幸: 「視聴覚刺激に対する同一源性と位置の判断へのベイズ推定の適用」, 脳と心のメカニズム第6回冬のワークショップ (2006/1/10-12: 留寿都)
  • 垣本悠太, 合原一幸: 「プレディクティブ・コーディングに基づいた視覚野の神経回路モデル」, 脳と心のメカニズム第6回冬のワークショップ (2006/1/10-12: 留寿都)
Last-modified: 2009-09-29 (火) 10:57:55 (3895d)