Laboratories for Mathematics, Lifesciences, and Informatics

Top / 数理生命情報学研究室 / 発表文献 / 著書

著書

  1. K. Aihara and G. Matsumoto : in "Chaos" (ed. by A.V. Holden), Manchester University Press, Manchester and Princeton University Press, Princeton (1986).
  2. K. Aihara and G. Matsumoto : "Nerve Excitation and Chaos", in "Dynamical Systems and Nonlinear Oscillations" (ed. by G. Ikegami), World Scientific Advanced Series in Dynamical Systems, Vol. 1, pp. 254-267 , World Scientific Publishing Co. Pte. Ltd, Singapore (1986).
  3. M. Kotani, K. Aihara and Y. Uchikawa : “Measurement of Magnetic Field Produced by Human Body with SQUID Magnetometer,” in “Superconductivity Electronics” (ed. K. Hara), P. 164, Prentice Hall, N. J., and Ohmsha, Tokyo (1987).
  4. 合原一幸 「ニューラルコンピュータ - 脳と神経に学ぶ -」 東京電機大学出版局 (1988).
  5. 合原一幸 : 「ニューロコンピューティングへの挑戦」 (相磯秀夫、甘利俊一 監修) 三田出版会 (1989).
  6. 監修 : 岡部洋一, 合原一幸 : 「ニューラルネットワークス応用事例集」 トリケップス (1989).
  7. 合原一幸 編著 : 「カオス - カオス理論の基礎と応用 -」 サイエンス社 (1990).
  8. K. Aihara : “Chaotic Neural Networks”, in “Bifurcation Phenomena in Nonlinear Systems and Theory of Dynamical Systems” (ed. by H. Kawakami), pp. 143-161, World Scientific, Singapore (1990).
  9. 監修 : 廣田 薫, 合原一幸 : 「ファジィ・ニューロコンピューティング」 トリケップス (1990).
  10. K. Aihara : “Neural Networks and Dynamical Systems”, in “A New Horizon on Medical Physics and Biomedical Engineering” (eds. H. Abe, K. Atsumi, T. Iinuma, M. Saito and M. Inoue), pp. 53-55, Elsevier, Amsterdam (1991).
  11. T. Ikeguchi, M. Adachi and K. Aihara : “Chaotic Neural Networks and Associative Memory”, in “Artificial Neural Networks” (ed. A. Prieto), Lecture Notes in Computer Science, Vol. 540, pp. 17-24, Springer-Verlag, Berlin (1991).
  12. T. Ikeguchi, K. Hatamoto and K. Aihara : “Nonlinear Associative Dynamics and Pattern Representations in Chaotic Neural Networks”, in “Structure and Bifurcations of Dynamical Systems” (ed. by S Ushiki), pp. 1-17, World Scientific, Singapore (1992).
  13. 合原一幸 編著 : 「ニューロ・ファジイ・カオス-次世代アナログコンピューティング入門」 オーム社 (1992); Korean-language edition, Dae Kwang, Seoul (1994).
  14. 合原一幸 編著 : 「ニューラルシステムにおけるカオス」 東京電機大学出版局 (1993);Korean-language edition, Dae Kwang, Seoul (1994).
  15. 合原一幸 : 「カオスニューラルネットワーク」 in 「ニューラルネットの新展開 - 研究の最前線を探る - 」 (甘利俊一 編著), pp. 37-52 サイエンス社 (1993).
  16. 合原一幸 : 「カオス - 全く新しい創造の波」 講談社 (1993); Korean-language edition, Han Teut Publishing Co., Seoul (1994).:
  17. 合原一幸・徳永隆治 監修 : 「カオス応用戦略」 オーム社 (1993).
  18. 合原一幸 編著 : 「カオスセミナー」 海文堂出版 (1994).
  19. 合原一幸 編著 : 「応用カオス - カオス そして複雑系へ挑む」 サイエンス社 (1994); Korean-language edition, Ohm Ltd., Seoul (1995).
  20. 合原一幸・五百旗頭正 編著 : 「カオス応用システム」 朝倉書店 (1995).
  21. K. Aihara : “Chaos in Axons,” The Handbook of Brain Theory and Neural Networks, pp. 183-185, The MIT Press, Cambridge, Massachusetts (1995).
  22. I. Tokuda and K. Aihara : “Laryngeal Vibrations as an Underlying Cause of Irregularities in Speech Signals of Vowel Sounds” in “Nonlinear Dynamics : New Theoretical and Applied Results” (ed. by Jan Awrejcewicz), pp. 393-403, Akademie Verlag GmbH, Berlin (1995).
  23. 合原一幸 : 「脳とカオス」 『脳から心へ - 高次機能の解明に挑む』 (宮下保司, 下條信輔 編) pp. 288-289, 岩波書店 (1995).
  24. K. Aihara : “Chaos in Neural Networks”, “The Impact of Chaos on Society” (eds. J. Yorke and C. Grebogi), pp. 110-126, United Nations University Press (1996).
  25. 山口昌哉, 合原一幸 編 「カオス全書」: 「カオス入門」 (山口昌哉 著), 朝倉書店 (1996-9).
  26. 山口昌哉, 合原一幸 編 「カオス全書」: 「カオス制御」 (潮 俊光 著), 朝倉書店 (1996-9).
  27. 山口昌哉, 合原一幸 編 「カオス全書」: 「カオス農学入門」 (酒井憲司 著), 朝倉書店 (1997-1).
  28. 合原一幸 : 「カオスの数理と技術 -カオス、そしてフラクタル、複雑系への序章 -」 放送大学教育振興会 (1997-3).
  29. 合原一幸・安達雅春 : 「記憶の想起と非線形ダイナミクス -カオス・複雑系としての脳とそのモデリング -」 『脳と計算論』 (外山敬介、杉江 昇 編) pp. 124-139 (朝倉書店、1997-4).
  30. 合原一幸 編 : 「複雑系がひらく世界-科学 ・ 技術 ・ 社会へのインパクト」 別冊日経サイエンス 120, 日経サイエンス社 (1997-6).
  31. 合原一幸 : 第 4 章 「混沌を科学するカオス工学」 『サイエンス ・ パラダイムの潮流-複雑系の基底を探る』 (黒崎政男 編) pp. 117-146, 丸善ライブラリー 240 (1997-8).
  32. 合原一幸 : 「第 2 章 カオス-非線形現象の新しい方法論-」 『科学の新しい方法論-端正科学から稠密科学へ』 (石井威望 監修) pp. 23-55, 電友社 (1997).
  33. 合原一幸 : 「第 1 章 カオス工学の未来」 『科学技術創造立国』 (新田義孝 編著) pp. 35-57, 富士通経営研修所 (1997).
  34. M. Watanabe, K. Aihara and S. Kondo : "Self-organization Dynamics in Chaotic Neural Networks", with Com- mentaries by J. Pastor and T. Sauer, in "Control and Chaos" (eds. K. Judd, A. Mees, K. L. Teo & T. L. Vincent), pp. 320-333, Birkh"auser, Boston (1997).
  35. H. Tanaka and K. Aihara : "Chaotic behavior of the Hodgkin-Huxley equations under small ran- dom noise", in "Complexity and Diversity" (ed. by E. R. Nakamura), pp. 172- 174, Springer (1997).
  36. 安達雅春, 池口 徹, 合原一幸 : 「脳科学ハンドブ ッ ク (甘利俊一, 外山敬介 編)」 朝倉書店 (出版予定). +大石進一, 合原一幸, 香田 徹, 田中 衛 編 : 「現代非線形科学シリーズ」 : 「非線形解析入門」 (大石進一 著), コロナ社 (1997).
  37. 山口昌哉, 合原一幸 編 「カオス全書」 : 「神経回路モデルのカオス」 (畑 政義 著), 朝倉書店 (1998-9).
  38. 合原一幸, 市瀬夏洋, 吉松 浩 : 「3 章 カオスの理論とその応用」 『複雑系の理論とその応用』 (中嶋正之 監修) pp. 79-129, オーム社 (1998-11).
  39. 編主任 : 合原一幸, 編幹事 : 池口 徹 : 『電子情報通信ハンドブ ッ ク』 (電子情報通信学会編) 「4 群 信号 ・ システム ・ 波動 4-19 編 カオス, フラクタル, ソ リトン」 pp. 428-433, オーム社 (1998).
  40. 合原一幸 : 『脳を知る ・ 創る ・ 守る 2』 ( 「脳の世紀」 推進会議 編) pp. 125-145, クバプロ (1999.5.30)
  41. K. Aihara 著/合原一幸 訳 : 「第 6 章 ニューラルネットワークにおけるカオス」 『カオス・インパクト カオスは自然科学と社会科学に何をもたらしたか』 (C.Grebogi/J.A.Yorke 編), 森北出版, pp. 141-160 (1999-7).
  42. 合原一幸, 黒崎政男 著 : 「神はカオスに宿りたもう」 , アスキー出版 (1999-8).
  43. 合原一幸, 相澤洋二 編著 : 「カオス研究の最前線 非線形科学の世紀へ向けて」 , 臨時別冊 ・ 数 理科学, サイエンス社 (1999-9).
  44. 合原一幸 : 「カオスで脳を探る」 , 『養老孟司 ・ 学問の挑発』 , 日本経済新聞社, pp. 100-122 (2000-2).
  45. 合原一幸 : 「コラム− 6 : カオス ・ ニューロ ・ 複雑系と工学」 , 中島尚正編 『工 学は何をめざすのか - 東京大学工学部は考える』 , 東京大学出版会, pp. 215 (2000-6).
  46. 増田直紀, 合原一幸 : 「現代暗号とマジックプロトコル」 (今井秀樹 編著) 『現代暗号への 入門, 7. 状態離散化カオス写像を用いた暗号システム』 , サイエン ス社, pp. 65-75 (2000-9).
  47. Tohru Ikeguchi, Tadashi Iokibe and Kazuyuki Aihara : "11 Chaos and Time Series Analysis", In "Soft Computing and Human- Centered Machines" (Eds.Z.Q.Liu & S.Miyamoto), pp. 283-298,   Springer,   Tokyo (2000).
  48. 安達雅春, 池口徹, 合原一幸 : 7.10 埋め込み,  甘利俊一/外山敬介編集, 「脳科学大辞典」 pp. 769- 772, 朝倉書店 (2000).
  49. 堀尾喜彦, 合原一幸 : 10.5 カオスニューロンチップ, 甘利俊一/外山敬介編集, 「脳科学大 辞典」 pp. 904-909, 朝倉書店 (2000).
  50. 合原一幸編 : 「カオス時系列解析の基礎と応用」 , 産業図書 (2000).
  51. 山口昌哉, 合原一幸 編 「カオス全書」 : 「力学系の基礎」 (國府寛司 著), 朝倉書店 (2000-12).
  52. 合原一幸 : 「カオス学入門」 , 放送大学教育振興会 (2001).
  53. 合原一幸 : 「カオスニューラルネットワークとその応用可能性」 , 『食品産業にお ける電子利用技術の展開_- ニューロ制御技術と電磁場等活用技術の 開発と利用 _』 (食品産業電子利用技術研究組合), pp. 1-4 (2001-11).
  54. 市瀬夏洋, 小林徹也, 合原一幸 : 「遺伝子相互作用系の非線形数理解析」 『ゲノムサイエンスの新たな る挑戦』 (編集 : 榊 佳之 ・ 小原雄治 ・ 大木 操 ・ 金 久貫 ・ 高木利久 ・ 菅 野純夫 ・ 小笠原直毅) 蛋白質核酸酵素 2001 年 12 月号増刊 Vol. 46, No. 16, pp. 2598-2602 (2001).
  55. 合原一幸 : 「カオス」 『情報学事典』 (北川高嗣, 須藤 修, 西垣 通, 浜田純一, 吉見俊哉, 米本昌平 編), p. 156, 弘文堂 (2002).
  56. Y. Horio and K. Aihara : "Chaotic Neuro-Computer", in "Chaos in Circuit and Systems" (ed. by G. Chen & T. Ueta), World Scientific, pp. 237-256 (2002).
  57. K. Saeki, Y. Sekine and K. Aihara : "Chaos in a Pulse-type Hardware Neuron Model", in "Chaos in Cir- cuit and Systems" (ed. by G. Chen & T. Ueta), World Scientific, pp. 277-296 (2002).
  58. 合原一幸 : 「デジタルかアナログか _ 遊びの空間」 『20 世紀の定義 +ゲーム の世界』 (編集委員 樺山紘一 ・ 坂部 恵 ・ 古井由吉 ・ 山田慶兒 ・ 養老 孟司 ・ 米沢富美子), pp. 177-191, 岩波書店 (2002-2).
  59. 合原一幸 : 「神経系のカオス -複雑性に秘められた機能」 『第三世代の大学 -東京大学新領域創成の挑戦』 (似田貝香門 編), pp. 60-61, 東京大学 出版会 (2002-2).
  60. K. Aihara : "Chaos in Neural Systems," The Handbook of Brain Theory and Neural Networks, 2nd edition, (ed. by Michael A. Arbib), pp. 208-212, The MIT Press, Cambridge, Massachusetts (2002).
  61. 合原一幸 編著 : 「脳はここまで解明された - 内なる宇宙の神秘に挑む」 ウェッジ (2004).
  62. 合原一幸, 岡田康志 編 : 「<1分子> 生物学 - 生命システムの新しい理解」 岩波書店 (2004).
  63. 合原一幸 : 「15. カオス」, 『応用数学ハンドブック』(藤原毅夫,平尾公彦,久田俊明,広瀬啓吉 編),pp. 391-395, 丸善 (2005)
  64. 合原一幸:「カオスネットワーク」,『人工知能学事典』(人工知能学会 編),pp. 753-754, 共立出版 (2005).
  65. 合原一幸 : 「第 3 章 二十一世紀の科学 --生命・脳の理解へ--」, 『科学技術と社会』(独立行政法人 科学技術振興機構 研究開発戦略センター 編),pp. 51-78, 丸善プラネット (2006--3).
  66. 合原一幸 : 「実現象の数学」,『この数学書がおもしろい』,pp. 10-11, 数学書房編集部 (2006).
  67. 合原一幸 : 「複雑系としての脳」,『脳神経科学イラストレイテッド』(森 寿,真鍋俊也,渡辺雅彦,岡野栄之,宮川 剛 編),pp. 257-266, 羊土社 (2006).
  68. 合原一幸 : 「ストレンジ・アトラクタ」,p.495,「フィードバック」,pp.519-520,『進化経済学ハンドブック』(進化経済学会 編),共立出版 (2006).
  69. 合原一幸 : 「カオス chaos」,『バイオインフォマティクス事典』(日本バイオインフォマティクス学会編集),pp. 718-720, 共立出版 (2006).
  70. 合原一幸,鈴木秀幸 : 「第 3 章 数学で脳に迫る 脳数理工学」,『数理工学 最新ツアーガイド』(杉原正顯,杉原厚吉 編),pp.79-116, 日本評論社 (2008).
  71. 合原一幸編著 : 「社会を変える驚きの数学」,ウェッジ (2008).
  72. 合原一幸, 神崎亮平編著 : 「理工学系からの脳科学入門」,東京大学出版会 (2008).
  73. 太田 光, 合原一幸, 田中裕二 : 「爆笑問題のニッポンの教養 脳を創る男 カオス工学」,爆笑問題のニッポンの教養 27, 講談社 (2008).
  74. Yoshito Hirata, Hideyuki Suzuki, and Kazuyuki Aihara : "Wind Modelling and its Possible Application to Control of Wind Farms," In Eds D.P. Mandic, M. Golz, A. Kuh, D. Obradovic, and T. Tanaka,"Signal Processing Techniques for Knowledge Extraction and Information Fusion," Springer, New York, pp.23-36, 2008.
  75. Hajime Mushiake, Kazuhiro Sakamoto, Naohiro Saito, Toshiro Inui, Kazuyuki Aihara, and Jun Tanji: "Chapter 1 Involvement of the Prefrontal Cortex in Problem Solving," In International Review of Neurobiology Volume 85, 2009, pp.1-11 International Review of Neurobiology - 85, Elsevier (2009).
  76. Masashi Aono, Yoshito Hirata, Masahiko Hara, Kazuyuki Aihara: "Resource-competing Oscillator Network as a Model of Amoeba-based Neurocomputer," Lecture Notes in Computer Science, Vol.5715 (2009).
  77. Masashi Aono, Yoshito Hirata, Masahiko Hara, and Kazuyuki Aihara: "Combinatorial Optimization by Amoeba-based Neurocomputer with Chaotic Dynamics," In Eds Y. Suzuki, M. Hagiya, H. Umeo, and A. Adamatzky, "Natural Computing, 2nd International Workshop on Natural Computing," Nagoya, Japan, December 2007, Proceedings, Proceedings in Information and Communications Technology Volume 1, Springer, New York, pp.1-15 (2009).
  78. 合原一幸,下川英敏: 「第7節 自己組織化とは -- システムと情報」, 『自己組織化ハンドブック』(監修:国武豊喜,編集幹事:下村政嗣, 山口智彦),pp.26-27, (株)エヌ・ティー・エス (2009).
  79. 合原一幸: 「カオスと脳」, 『第2版 現代数理科学事典』,pp.319-320, 丸善(株) (2009).
  80. Luonan Chen, Ruiqi Wang, Chunguang Li, and Kazuyuki Aihara: "Modeling Biomolecular Networks in Cells: Structures and Dynamics," Springer, London (2010).
  81. 合原一幸: 「脳から創発される潜在能力の組織的発揮」, (社) 日本能率協会編『働くことの喜びとは何か』, pp.218-234, 日本能率協会マネジメントセンター (2010).
  82. Kazuyuki Aihara(Ed.):``Theory of Hybrid Dynamical Systems and its Applications to Biological and Medical Systems,'' Philosophical Transactions of the Royal Society A, Vol.368, No.1930 (2010).
  83. 合原一幸: 解説「カオスとフラクタル」今昔, 『カオスとフラクタル』(山口昌哉), pp.201-210, 筑摩書房 (2010).
  84. 合原一幸:「フラクタル」,『かたち・機能のデザイン事典』(高木隆司 他 編),pp.30-31,丸善株式会社 (2011).
  85. 合原一幸:「カオス」,『かたち・機能のデザイン事典』(高木隆司 他 編),pp.48-51,丸善株式会社 (2011).
  86. Tohru Ikeguchi, Mikio Hasegawa, Takayuki Kimura, Takafumi Matsuura, and Kazuyuki Aihara: "Theory and Applications of Chaotic Optimization Methods," in 'Innovative Computing Methods and Their Applications to Engineering Problems,' edited by Nadia Nedjah, Leandro dos Santos Coelho, Viviana Cocco Mariani, Luiza de Macedo Mourelle, Studies in Computational Intelligence, Vol.357, pp.131-161 (2011).
  87. 合原一幸:「実現象の数学」,『この数学書がおもしろい,増補新版』,pp.10-11,数学書房編集部 (2011).
  88. 合原一幸:「数学で世界を理解する」,『私と世界,世界の私―13歳からの大学授業』,pp.119-132,水曜社 (2011).
  89. Hugo Zeberg, Nathan W. Gouwens, Kunichika Tsumoto, Takashi Tateno, Kazuyuki Aihara, and Hugh P.C. Robinson: Chapter 20 "Phase-Resetting Analysis of Gamma-Frequency Synchronization of Cortical Fast-Spiking Interneurons Using Synaptic-like Conductance Injection," in `Phase Response Curves in Neurosicence: Theory, Experiment, and Analysis,' edited by Nathan W. Schultheiss, Astrid A. Prinz, and Robert J. Butera, pp.489-509, Springer Series in Computational Neuroscience 6 (2012).
  90. Kazuyuki Aihara, Taiji Yamada, and Makito Oku: ``Chaotic Neural Networks and Beyond,'' in `Chaos, CNN, Memristors and Beyond: A Festschrift for Leon Chua,' edited by Andrew Adamatzky and Guanrong Chen, pp.259-270, World Scientific (2013).
  91. 合原一幸:「10章 複雑系」,電気工学ハンドブック 第7版 (一般社団法人電気学会 編),1編『数学』,pp.38-42, オーム社 (2013).
  92. 合原一究,辻繁樹,香取勇一,合原一幸:「脳の数理モデリング」,『現象数理学入門』(三村昌泰 編),pp.109-143, 東京大学出版会 (2013).
  93. 合原一幸 (章編著):「神経回路と数理脳科学」,pp.101-127; 「複雑ネットワーク」,pp.241-255, 『応用数理ハンドブック』(日本応用数理学会 監修,薩摩順吉,大石進一,杉原正顯 編),朝倉書店 (2013).
  94. Yoshito Hirata, Eric J. Lang, and Kazuyuki Aihara: "Analyzing Multiple Spike Trains using Distance Measures and Recurrence Plots," in 'Springer Handbook of Bio- and Neuroinformatics,' ed. by N. Kasabov , Springer, Heidelberg (2014).
  95. 落合卓四郎(監修),合原一幸,新井仁之,石井志保子,稲葉 寿,織田孝幸,片岡清臣,河東泰之,儀我美一,楠岡成雄,国友直人,河野俊丈,斎藤 毅,坂村 健,志甫 淳,高橋明彦,竹村彰通,辻 雄,寺杣友秀,時弘哲治,中村 周,西成活裕,萩谷昌己,平地健吾,二木昭人,俣野 博,宮岡洋一,山本昌宏,吉川 洋,吉田朋広(分担執筆):「東大教授が語る、東大新入生のための数学ブックガイド」,東京図書 (2014).
  96. Kazuyuki Aihara, Jun-ichi Imura, and Tetsushi Ueta (Eds.): "Analysis and Control of Complex Dynamical Systems: Robust Bifurcation, Dynamic Attractors, and Network Complexity," Mathematics for Industry, Vol.7, Springer Japan (2015).
  97. Gouhei Tanaka, Kai Morino, Kazuyuki Aihara: "Dynamical Robustness of Complex Biological Networks," in `Mathematical Approaches to Biological Systems: Networks, Oscillations, and Collective Motions,' (eds. Toru Ohira and Tohru Uzawa), pp.29-53, Springer (2015).
  98. 合原一幸 編著:「暮らしを変える驚きの数理工学」,ウェッジ (2015).
  99. 合原一幸 編著:「人工知能はこうして創られる」,ウェッジ (2017).
  100. 辻村達哉,合原一幸,伊藤 聡:第11章「数学は社会の問題を、どこまで解決できるか,世界で期待される数学の機能」,『AI・ロボット・生命・宇宙…科学技術のフロントランナーがいま挑戦していることーサイエンスとアートのフロンティア』(川口淳一郎 監修),pp.239-257, 秀和システム (2017).
  101. 中尾裕也,長谷川幹雄,合原一幸:「ネットワーク・カオス -非線形ダイナミクス,複雑系と情報ネットワーク-」,情報ネットワーク科学シリーズ 4 (電子情報通信学会 監修),コロナ社 (2018).
Last-modified: 2018-02-19 (月) 12:03:40 (430d)